Detail
 
社会保障費用統計の理論と分析

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/330頁
初版年月日:2014/03/31
ISBN:978-4-7664-2126-2
(4-7664-2126-4)
Cコード:C3333
定価 4,860円(本体 4,500円)

本書と関連する書籍をご紹介します
日本社会の生活不安 詳細を見る
地域包括ケアシステム 詳細を見る
社会保障費用統計の理論と分析
事実に基づく政策論議のために
目次 著者略歴

OECD/ILO両基準統計の定義・構成を実務担当者らが解説した決定版!

さらに、少子高齢化、財政、雇用、女性・家族問題など重要課題との関連を、
長期時系列データや国際比較データを駆使して詳細に分析。
将来を見据えた冷静で建設的な政策論議に向け、確かな知的基盤を提供する。

研究者、政策担当者、ジャーナリスト必携の1冊。

目次

はしがき
 
序章 政策論議とそれを支える事実(エビデンス) [西村 周三]
 1 はじめに――問題提起
 2 ILO 統計について
 3 OECD 統計について
 4 むすび

 第1部 社会保障費用統計の成り立ちと実際

第1章 社会保障の成り立ちと費用統計の歴史 [勝又 幸子]
 1 はじめに
 2 1950年度〜1981年度
 3 1982年度〜2001年度
 4 2002年度〜2009年度
 5 2010年度から現在、そして近未来
 6  ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

(※目次順。[ ]内は担当章。肩書きは2014年3月31日現在。)
【監修者】
西村周三(にしむら しゅうぞう)[監修、序章、終章]
 国立社会保障・人口問題研究所所長

【編者】
国立社会保障・人口問題研究所

【執筆者】
勝又幸子(かつまた ゆきこ) [第1章、第5章、第9章、終章、Column 2]
 国立社会保障・人口問題研究所情報調査分析部長
竹沢純子(たけざわ じゅんこ) [第2章、第3章、Column 1]
 国立社会保障・人口問題研究所企画部第3室長
金子隆一(かねこ りゅういち) [第4章、第13章]
 国立社会保障・人口問題研究所副所長
佐々井司(ささい つかさ) [第6章]
 国立社会保障・人口問題研究所企画部第4室長
藤原朋子(ふじわら ともこ) [第7章]
 国立社会保障・人口問題研究所企画部長
藤井麻由(ふじい まゆ) [第8章]
 国立社会保障・人口問題研究所社会保障基礎理論研究部研究員
伊藤善典(いとう よしのり) [第10章]
 一橋大学経済研究所教授
小塩隆士(おしお たかし) [第11章]
 一橋大学経済研究所教授 
佐藤 格(さとう いたる) [第12章、Column 3、Column 4]
 国立社会保障・人口問題研究所社会保障基礎理論研究部第1室長

定価4,860円 (本体:4,500円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.