Detail
 
田口卯吉の夢

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/352頁
初版年月日:2013/04/20
ISBN:978-4-7664-2040-1
(4-7664-2040-3)
Cコード:C3010
定価 3,520円(本体 3,200円)

本書と関連する書籍をご紹介します
慈悲と正直の公共哲学 詳細を見る
田口卯吉の夢
書評 目次 著者略歴

ネオ・リベラルな秩序構想

▼自己利益のみを追う人々が共存する、世界大に広がる秩序。これこそ、田口卯吉(1855-1905)の夢見たネオ・リベラルな商業共和国である。人々の情念が惹き起こした明治革命をかろうじてくぐり抜けた彼が、この世界像を手放さなかったのは、いったいなぜなのか。はたして、そのような秩序は可能なのだろうか――。妥協なき彼の思想を、『日本開化小史』をはじめとする彼自身のテクストと、同時代のコンテクストとを綿密にたどり、縒り合わせ、解き明かしてゆく。寄る辺なく、すべてがあわただしい時代の真摯な思考が、〈今〉を刺戟する。

▼装丁:服部一成

本書は、日本図書館協会選定図書です。

ブック・アサヒ・コム「著者に会いたい」では
著者の河野有理さんのインタビューをご覧いただけます。
(文:石田祐樹、掲載:2013年06月16日)


書評

経済学史研究 56巻2号(2014年1月)に書評が掲載されました。評者は、南森茂太氏(関西学院大学経済学研究科研究員)です。
政治思想研究 第14号(2014年5月)に書評が掲載されました(評者:伊藤彌彦氏)。
日本経済思想史研究 第14号(2014年3月)に書評が掲載されました(評者:武藤秀太郎氏(新潟大学大学院現代社会文化研究科准教授))。

目次

序章 さまざまなる田口卯吉
 第一節
  はじめに
 第二節
  百科全書派?
  帝国主義者?
 第三節
  向上的ブルジョア?
  政治

第一章 「理」とロビンソン
 第一節
  南洋
  遠洋の一孤島
 第二節
  孤島の漂民
  『漂荒紀事』
 第三節
  『西国立志編』
  「理」

第二章 『日本開化小史』のhistoriography
 第一節
  『日本開化小史』をめぐって
 第二節
  文明史? 啓蒙史?
  ギゾーと幕臣
……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

河野 有理(こうの ゆうり)
1979年生まれ。2008年、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。日本政治思想史専攻。現在、首都大学東京都市教養学部法学系准教授。
『明六雑誌の政治思想――阪谷素と道理の挑戦』東京大学出版会、2011年。

定価3,520円 (本体:3,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.