Contents
目次
田口卯吉の夢
四六判/上製/352頁
初版年月日:2013/04/20
ISBN:
978-4-7664-2040-1
 
(4-7664-2040-3)
Cコード:C3010
税込価格:3,520円
田口卯吉の夢

目次

序章 さまざまなる田口卯吉
 第一節
  はじめに
 第二節
  百科全書派?
  帝国主義者?
 第三節
  向上的ブルジョア?
  政治

第一章 「理」とロビンソン
 第一節
  南洋
  遠洋の一孤島
 第二節
  孤島の漂民
  『漂荒紀事』
 第三節
  『西国立志編』
  「理」

第二章 『日本開化小史』のhistoriography
 第一節
  『日本開化小史』をめぐって
 第二節
  文明史? 啓蒙史?
  ギゾーと幕臣
 第三節
  開化史≠文明史
  文明史の呪縛をこえて

第三章 『日本開化小史』の筆法
 第一節
  中根淑――地誌と「郡県」
 第二節
  『日本開化小史』の文法
  『日本開化小史』の戦略
 第三節
  鎌倉政府――「廉なる政府」と大隈財政
  徳川政府の崩壊過程――忠誠と反逆
  『時勢論』――「郡県」の陥穽
 第四節
  『支那開化小史』――歴史の終わりと立憲政体
  開化史の終焉

第四章 「郡県」の政治経済学
 第一節
  「封建」 「郡県」論の時代――「郡県」の〈今〉
  『日本開化小史』と『自由交易 日本経済論』
 第二節
  明治の新「封建」論――「人心」・「自主」・「気力」
  分権と「プロテクチーウシステム」
  「封建」の政治学――保護と分権 
 第三節
  「郡県」の政治経済学――「東京論」
  「宇宙経済」主義

第五章 「自愛」の秩序
 第一節
  「郡県政治」と「利己主義」
 第二節
  慈善と仁政
  「自愛」の秩序――独立独行と分業
 第三節
  「他愛」への衝動――利己と道義
  「進化」の夢――小泉八雲と加藤弘之
 第四節
  「社会」をめぐって

第六章 「地租増徴」の政治構想
 第一節
  鉄道国有と地租増徴――星亨の影
 第二節
  神田孝平「農商弁」――「商国」構想
  徳富蘇峰――新たな政治主体の構想と「田舎紳士」論
  谷干城、陸羯南――「農」の復権と「地方自治」
 第三節
  地租増徴論争――「封建」 「郡県」の残響

終章 田口卯吉の夢
 第一節
  商業共和国
 第二節
  田口卯吉の長い影
 第三節
  おわりに

付録 田口家蔵書目録
参考文献一覧
あとがき
索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.