Detail
 
汎瞑想

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判変型/並製/148頁
初版年月日:2012/03/31
ISBN:978-4-7664-1934-4
(4-7664-1934-0)
Cコード:C0310
定価 756円(本体 700円)

本書と関連する書籍をご紹介します
ダンテ『神曲』における数的構成 詳細を見る
ベースボールを読む 詳細を見る
汎瞑想
もう一つの生活、もう一つの文明へ
目次 著者略歴

現代日本を取り巻く過剰な資本主義。この貨幣記号増殖への異常な執着状態から脱するための手段として“瞑想”を提言し、“もう一つの文明”の可能性を模索する。また、“瞑想”自体についても、禅寺や僧院などの社会的に閉じられ特権化された空間から市井に解き放つ、つまり“汎”瞑想が本書の主題です。

目次

はじめに

第1章 “もう一つの”文明へ

第2章 ヴィパッサナー瞑想

第3章 プラム・ヴィレッジ ―汎瞑想を実践するコミュニティ

第4章 快楽を瞑想する

第5章 汎瞑想とエコヴィレッジ ―“もう一つの”文明への闘い

おわりに

文献案内

あとがき、ならびに謝辞

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

熊倉 敬聡 (くまくら たかあき)

慶應義塾大学理工学部教授。1991年パリ第7大学博士課程修了。1980年代は、フランス文学、特に「ステファヌ・マラルメの〈経済学〉」を研究。90年代は、コンテンポラリー・アートやダンスに関する研究・評論、企画、実践等を行う。2000年代は、教育現場の変革の作業を展開し、新しい学びの場「三田の家」の立ち上げ・運営に関わる。現在は、21世紀的art of livingの研究・実践に従事。特定非営利活動法人ミラツク理事。主な著作に『黒板とワイン―もう一つの学び場「三田の家」』(共著、慶應義塾大学出版会、2010年)、『美学特殊C』(慶應義塾大学出版会、2003年)、『脱芸術/脱資本主義論』(慶應義塾大学出版会、2000年)、『セルフ・エデュケーション時代』(共著、フィルムアート社、2001年)、『女?日本?美?』(共著、慶應義塾大学出版会、1999年)。

定価756円 (本体:700円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.