Detail
 
露西亜文学

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/276頁
初版年月日:2011/07/15
ISBN:978-4-7664-1771-5
(4-7664-1771-2)
Cコード:C3098
定価 4,104円(本体 3,800円)

露西亜文学
書評 目次 著者略歴

絶対的な魅力をもつロシア文学に、孤高の思想家が挑む!
▼本書は、1953年に弘文堂から刊行された 『ロシア的人間』 の前身にあたり、ロシア精神論と、プーシキンからチェーホフまでの作家論からなる。井筒俊彦の思想遍歴を考える分岐点として重要な作品。原典を駆使したロシア文学論であり、作者の実存的経験に強く裏打ちされた独自なロシア文学論として、日本の文芸批評史上、注目するべき一冊である。
▼近年まで存在すら知られていなかった作品、「ロシアの内的生活」(『個性』思索社、1948年4月号)を附録として付す。
▼解題は、亀山郁夫氏。

本書は、日本図書館協会選定図書です。


当サイトは、哲学者、言語学者、イスラーム学者として知られる「井筒俊彦」について、多角的に情報をお届けするためのウェブサイトです。
井筒俊彦という人物に迫り、そして井筒俊彦の思想や哲学について研究する方々からの情報発信や、名著の復刊といった関連する企画についてご紹介します。

書評

北海道新聞 2011年10月16日「読書欄」(12面)にて紹介されました。
聖教新聞 2011年8月24日「読書欄」(7面)にて紹介されました。

目次

第一章 露西亜文学の性格
第二章 露西亜の十字架
第三章 ピョートル大帝の精神
第四章 プーシキン
第五章 レールモントフ
第六章 チュッチェフ
第七章 ゴーゴリ

附録 ロシアの内面的生活――十九世紀文学の精神史的展望

解題(亀山郁夫)

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

井筒俊彦 Izutsu Toshihiko
1914(大正3)年、東京都生まれ。1931(昭和6)年、慶應義塾大学経済学部予科に入学。のち、西脇順三郎が教鞭をとる英文科へ転進。1937(昭和12)年、慶應義塾大学文学部を卒業し、同大学文学部英文科の助手となる。1950(昭和25)年、同大学文学部助教授を経て、1954(昭和29)年、同文学部大学教授に就任。ギリシャ語、ギリシャ哲学、ロシア文学、比較言語学などの授業を担当した。1969(昭和44)年、カナダのマッギル大学の教授、1975(昭和50)年、イラン王立哲学研究所教授を歴任した。 1979(昭和54)年、イラン革命のためテヘランを去り、その後は研究の場を日本に移し、著作や論文の執筆、講演などに勤しんだ。
1967(昭和42)年からは、鈴木大拙に次ぐ2人目の日本人として、スイスで開催される国際会議、エラノス会議へ参加し、以後12回にわたって東洋哲学に関する講演を行った。
主な著作に、『コーラン』(翻訳、上中下、岩波文庫、1957-58[昭和32-33]年)、『イスラーム文化』(岩波書店、1981[昭和56]年)、『意識と本質』(岩波書店、1983[昭和58]年)など多数。『井筒俊彦著作集』(全11巻別巻1、中央公論社、1991-93[平成3-5]年)がある。また、1956(昭和31)年に刊行されたLanguage and Magicを始めとして英文による著作を多数執筆。Sufism and Taoism: A Comparative Study of Key Philosophical Concepts、Ethico-Religious Concepts in the Qur'an、Toward a Philosophy of Zen Buddhismなど一連の英文著作で世界的な評価を受けた。
1982(昭和57)年、日本学士院会員。同年、毎日出版文化賞受賞、朝日賞受賞。1993(平成5)年没。
没後、The Izutsu Library Series on Oriental Philosophy(井筒ライブラリー・東洋哲学)として東洋の思想を欧米の言語によって紹介するシリーズ(欧文)が、慶應義塾大学出版会から 2001(平成13)年より刊行されている。

定価4,104円 (本体:3,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.