Detail
 
アラブ諸国の情報統制
A5判/上製/300頁
初版年月日:2008/04/30
ISBN:978-4-7664-1515-5
(4-7664-1515-9)
Cコード:C3031
定価 3,456円(本体 3,200円)

本書と関連する書籍をご紹介します
革命と騒乱のエジプト 詳細を見る
テロとインテリジェンス 詳細を見る
アラブ諸国の情報統制
インターネット・コントロールの政治学
書評 目次 著者略歴

▼グローバル化によるIT革命の波に直面するアラブ諸国政府は、インターネットに対してどのような政策的対応を図っているのか。権威主義体制のアラブ諸国に長期滞在し、情報統制政策の立案・実施に係わる政府官僚・政府系機関幹部・ICT関連企業幹部への取材を重ねた著者が、各国の情報統制の現状を技術的・政治的な視点から詳細に分析。情報化の推進により経済的な利益を最大限に得つつ、同時に政治的リスクを最小限に抑制する、アラブ諸国の巧みな情報統制の実態をあきらかにする。

書評

日本経済新聞 2011年4月3日「今を読み解く」欄 (読書面)で紹介されました。
出版ニュース 2008年7月上旬号 (21頁)で紹介されました。

目次

序章 インターネット時代の非民主主義国家
 1 新しいメディアの登場
 2 インターネットと政治体制をめぐる研究
 3 本書の着眼点

第1章 情報化の波に直面するアラブ諸国
 1 情報化の波の到来
 2 情報化に熱心な各国政府
 3 政府の抱える懸念
 4 政権に課せられた課題

第2章 情報統制のパターン
 1 三つの時期区分と四つのパターン
 2 政府による一元的管理の時代
 3 衛星放送の出現
 4 インターネット時代の幕開けと情報統制パターンの分化
 5 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

山本達也(やまもと たつや)
名古屋商科大学外国語学部専任講師
1975年東京生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了。博士(政策・メディア)。シリア国立アレッポ大学学術交流日本センター主幹・客員研究員、慶應義塾大学COE研究員(RA)などを経て、現職。専攻は、国際関係論。
主著に、『サイバーポリティクス――IT社会の政治学』(共著、一藝社、2002年)、『国家の現在』(共著、芦書房、2007年)など。

定価3,456円 (本体:3,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.