Detail
 
近世京都の歴史人口学的研究

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/276頁
初版年月日:2007/08/10
ISBN:978-4-7664-1401-1
(4-7664-1401-2)
Cコード:C3021
定価 4,104円(本体 3,800円)

本書と関連する書籍をご紹介します
日本経済史1600-2015 詳細を見る
歴史学との出会い 詳細を見る
日本経済史1600―2000 詳細を見る
近世京都の歴史人口学的研究
都市町人の社会構造を読む
書評 目次 著者略歴

幕末京都の人口減少はいかにして起こったか。
都市経済の進展に伴う借家人、奉公人の消長。都市を襲う天災や人災の傷跡。
三条界隈、西陣などの町に残された「宗門改帳」をもとに都市を支えた「町衆」の社会経済的構造の解明に迫る、歴史人口学最新の成果。

書評

人口学研究 第43号(2008年11月30日)「書評」(68頁)で紹介されました。
社会経済史学 第74巻4号(2008年11月25日)「書評」(83頁)で紹介されました。
日本歴史 2008年10月号「書評と紹介」欄(113頁)で紹介されました。

目次

第1章 近世都市の歴史人口学
第2章 前近代日本の都市人口史
第3章 人口変動のメカニズム――西堂町
第4章 西陣の経済危機と人口――花車町
第5章 雑業者の町と人口――志水町
第6章 幕末における人口と世帯の構造
第7章 近世京都の奉公人――長期趨勢と人口プロファイル
第8章 災害と復興の人口史――元治大火と京都町人
終 章 近世後期京都の人口減少

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

浜野潔(はまの きよし)
関西大学経済学部教授。
1958年東京都に生まれる。1987年、ハワイ大学社会学部修士課程修了。1989年、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。慶應義塾女子高等学校教諭、京都学園大学経済学部助教授、同教授を経て2002年より現職。
専攻:日本経済史、歴史人口学
主要著書:『人類史のなかの人口と家族』(共編著、晃洋書房、2003年)『<名君>の蹉跌――藩政改革の政治経済学』(訳書、NTT出版、2004年)

定価4,104円 (本体:3,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.