Detail
 
日本経済史1600―2000

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/並製/368頁
初版年月日:2009/03/31
ISBN:978-4-7664-1573-5
(4-7664-1573-6)
Cコード:C3033
定価 3,024円(本体 2,800円)

本書と関連する書籍をご紹介します
近世京都の歴史人口学的研究 詳細を見る
日本経済史1600―2000
歴史に読む現代
書評 目次 著者略歴

▼近世の経済的遺産が近代的工業化に果たした役割を重視する考えから、近世から現代まで、広い範囲をカバーする日本経済史のテキスト。
▼各章の最初に時系列データを掲載、経済発展のプロセスをより正確に理解できる。


日本経済史に親しむための「学習用参考文献」 を掲載しました。
今後の学習にお役立てください。


本書は、日本図書館協会選定図書です。

書評

日本経済新聞 2009年5月24日朝刊読書欄(23面)で紹介されました。

目次

はじめに
1. 近世の成立と全国市場の展開      浜野 潔
 1.0 経済指標からみた江戸時代  
 1.1 大開墾の時代   
 1.2 海運の整備と全国市場の成立  
 1.3 「鎖国」と貿易の展開  
 1.4 元禄から享保へ               

2.田沼時代から松方財政まで   井奥成彦
 2.0 移行期の経済構造  
 2.1 政策の推移(1)−田沼期から幕藩体制崩壊まで−  
 2.2 政策の推移(2)−明治政府成立から松方デフレ終息まで−  
……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

浜野潔(はまの きよし)  関西大学経済学部教授
井奥成彦(いおく しげひこ)  慶應義塾大学文学部教授
中村宗悦(なかむら むねよし)  大東文化大学経済学部教授
岸田真(きしだ まこと)  日本大学経済学部専任講師
永江雅和(ながえ まさかず)  専修大学経済学部教授
牛島利明(うしじま としあき)  慶應義塾大学商学部教授

定価3,024円 (本体:2,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
amazon e-hon
セブンネットショッピング ビーケーワン
楽天ブックス 紀伊国屋
jbook ジュンク堂
本屋クラブ ブックサービス
BOOX TSUTAYA
ページトップへ
Copyright (C)2004-2016 Keio University Press Inc. All rights reserved.