Detail
 
メキシコ先住民社会と教会建築
A5判/上製/600頁
初版年月日:2004/02/20
ISBN:978-4-7664-1050-1
(4-7664-1050-5)
Cコード:C3022
定価 16,500円(本体 15,000円)

メキシコ先住民社会と教会建築
植民地期タラスコ地域の村落から
目次 著者略歴

スペインによる新大陸征服がもたらした先住民社会の変容を、村落共同体の教会堂建設にかかわる空間構造・経済活動・信仰・職人などから分析する実証研究。
 17世紀、ヌエバ・エスパーニャ(メキシコ)の先住民村落に
出現した華麗な教会堂群に共通の刻印を押した建築様式の流れと、その建築ブームを促した社会的背景を明らかにする。
 ラテンアメリカの植民地美術史とエスノヒストリーの空隙を埋める試み。
 200点を超える貴重な図版を掲載。

目次


第一部 タラスコ地域の教会建築−美術史から−
第一章 西洋美術史の中の植民地美術
第一節 初期研究史
第二節 植民地美術と先住民
第二章 タラスコ地域の教会堂:一般的特徴
第一節 所在地と分布
第二節 一般的特徴
第三章 教会堂正面 
第一節 タラスコ様式の成立
第二節 古典・マニエリスム様式とタラスコ様式からの一時的離反
第三節 建設年代の検証
第四節 タラスコ様式の持続        
第四章 木製天井

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

1978年 東京外国語大学スペイン語科卒業
1991年 筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科単位取得退学
2002年 筑波大学より博士号(文学)取得
現在、慶應義塾大学商学部教授

著書
 Historia y Sociedad: ensayos del seminario de historia Colonial de Michoacan, Universidad Michoacana-CIESAS, 1997.(共著)
 Arquitectura y espacio social en poblaciones purepechas en la epoca colonial, Universidad Michoacana-CIESAS y Universidad Keio, 1998.(共著)
 『ラテンアメリカ世界を生きる』新評論, 2001.(共著)

定価16,500円 (本体:15,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.