Detail
 
童蒙おしえ草 ひびのおしえ

大きな画像を見る

画像をダウンロード
B5変型判/上製/352頁
初版年月日:2006/01/11
ISBN:978-4-7664-1203-1
(4-7664-1203-6)
Cコード:C8097
定価 3,240円(本体 3,000円)

現代語訳
童蒙おしえ草 ひびのおしえ
福沢 諭吉
岩崎 弘 訳・解説
書評 目次 著者略歴

明治5年、福沢諭吉は西洋の道徳的な物語を集めたイギリスの"Moral Class-book"という本を、『童蒙おしえ草』という題名で日本に紹介しました。「ひびのおしえ」は、福沢諭吉が38歳の時、自分の息子たちに毎日一つずつ、家庭での約束や決まり事を半紙に書いて与えたものです。 本書は、慶應義塾幼稚舎教諭の訳者が、今の子どもたちに、保護者の方や先生方といっしょに読んで、いっしょに考えてもらいたいと願って、わかりやすい現代の言葉づかいに直したものです。

書評

朝日新聞 2006年3月29日別刷り特集「おいしい東京」で紹介されました。
毎日新聞 2006年1月29日朝刊「書評」欄で紹介されました。

目次

童蒙おしえ草 巻の一
第一章 生き物を大切に
(イ)少年たちとかえる(寓言[たとえ話])
(ロ)兄弟と小鳥の巣
(ハ)少年と顕微鏡
(ニ)刑務所のラ・テュードとねずみ
〔解説〕

第二章 家族を大切に
(イ)親を背負うねずみ
(ロ)親を大切にする若者(アナピアスとアンフィノムス)
(ハ)アレキサンダー大王と母
(ニ)フレデリック大王とその家来
(ホ)ポルトガルの兄と弟
〔解説〕

第三章 いろいろな人との交流
(イ)君主アルフォンソ
(ロ)主人の言葉
(ハ) ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

岩崎 弘 (イワサキ ヒロシ)
1944年生まれ。慶應義塾幼稚舎教諭。
1969年明治学院大学経済学部卒業、白百合学園小学校教諭を経て、1974年慶應義塾幼稚舎教諭に就任。慶應義塾福澤研究センター所員、福澤諭吉協会会員。三田剣友会賛助会員、港区剣道連盟理事、全日本剣道連盟錬士六段。
主な著書に、『子どもの喜ぶ社会科クイズ&パズル&ゲーム』〈低学年〉〈中学年〉〈高学年〉〈社会科編〉(共著、黎明書房、1993年)、『百と二十五年の物語』(創立125年記念「私たちの幼稚舎」第1巻、共著、慶應義塾幼稚舎、1999年)、『福沢諭吉著 童蒙をしへ草 口語訳・解説』(慶應義塾初等教育シリーズ4、慶應義塾幼稚舎、1996年)。

定価3,240円 (本体:3,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.