Detail
 
慶應義塾の教育論
四六判/並製/246頁
初版年月日:1998/06/20
ISBN:978-4-7664-0704-4
(4-7664-0704-0)
Cコード:C0037
定価 2,200円(本体 2,000円)

慶應義塾の教育論
目次 著者略歴

21世紀に求められる人をいかに育てていくべきか。教育のあり方が問われる今、福澤諭吉の精神「独立自尊」を継承する私学の雄、慶應義塾の教育理念を伝え、教育の明日を考える。
 福澤諭吉は、独立自尊の人間として、1人ひとりが学問をし、自分で判断できる、何がよいかを考えて生きていけるようにならなければいけないと『学問のすすめ』を著した。学校は人にものを教えるところではなく、本来持っている資質、これを発達させ、これを妨げないで発育させることが教育なのだ、そこに教育の本来の姿がある……と述べている。
 本書は、「教育」が問われる今、広く各界に福澤諭吉の精神を継承する慶應義塾の教育理念を伝え、教育の明日を考える指針となることを願って出版するものである。

目次

I 歴史と使命
二十一世紀教育改革の原点 慶應義塾   鳥居泰彦

II 明日の教育
これからの社会と教育   石川忠雄
二十一世紀の教育   相磯秀夫
児童・生徒のメンタルヘルス   小此木啓吾

III 諭吉のこころ
福澤諭吉と教育   飯田 鼎
福澤諭吉の教育思想   村井 実
福澤諭吉の「教育の仕組」論   松本 憲
福澤諭吉と幼稚舎   中川真弥

あとがき

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

鳥居泰彦(とりい やすひこ)
慶應義塾長。経済発展理論。1966年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。主要著作『経済発展理論』(東洋経済新報社、1996、初版1979)。

石川忠雄(いしかわ ただお)
慶應義塾前塾長、慶應義塾大学名誉教授。(財)交詢社理事長。中国現代史。1946年慶應義塾大学経済学部経済学科卒業。主要著作『中国共産党史研究』(慶應義塾大学出版会、1959)。

相磯秀夫(あいそ ひでお)
慶應義塾大学名誉教授、東京工科大学学長。計算機工学。1957年慶應義塾大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了。主要著作『計算機アーキテクチャ』(岩波書店、1982)。

小此木啓吾(おこのぎ けいご)
慶應義塾大学環境情報学部客員教授。精神分析学。1954年慶應義塾大学医学部精神医学科卒業。主要著作『現代人の心理構造』(日本放送出版協会、1986)。

飯田 鼎(いいだ かなえ)
慶應義塾大学名誉教授。社会政策論・日本経済学史。1949年慶應義塾大学経済学部経済学科卒業。『飯田 鼎著作集』全8巻刊行中(お茶の水書房)。

村井 実(むらい みのる)
慶應義塾大学名誉教授。教育学。1944年広島文理科大学教育学科教育学専攻卒業。主要著作『教育学入門』上・下(講談社学術文庫、1976)。

松本 憲(まつもと あきら)
慶應義塾大学名誉教授。教育学。1969年慶應義塾大学大学院社会学研究科教育学専攻博士課程修了。主要著作『社会教育概論』(学文社、1980)。

中川真弥(なかがわ しんや)
慶應義塾前幼稚舎長、慶應義塾名誉教授。教育学。1955年慶應義塾大学文学部哲学科卒業。主要著作『福澤諭吉の小学塾―慶應義塾幼稚舎』(萱原書房、1999)。

定価2,200円 (本体:2,000円)
品切・重版未定
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.