Detail
 
日本の医療行政
四六判/並製/236頁
初版年月日:1999/11/30
ISBN:978-4-7664-0763-1
(4-7664-0763-6)
Cコード:C1331
定価 2,376円(本体 2,200円)

日本の医療行政
その歴史と課題
目次 著者略歴

公的財政と私的供給という、国際的にみてもきわめてユニークな構造をもつ日本の医療行政。その歴史的文化的側面に着目し、内務省から厚生省に至る変遷をたどり、今後の医療行政の課題を明らかにする。

目次

はじめに

第一章 「医制」の制定―わが国医療行政の原点
第二章 内務省衛生局と長与専斎
第三章 後藤新平と医療行政
第四章 医療保険制度の展開
第五章 医療機関の発展―その量と質
第六章 大学医学部と医療行政
第七章 薬事行政の展開
第八章 厚生省と医療政策
第九章 先端医療の衝撃
終 章 今後の課題と展望

あとがき
主要参考文献

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

笠原英彦(かさはら ひでひこ)
慶應義塾大学法学部教授、法学博士。1956年東京都生まれ。1980年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1985年同大学院法学研究科博士課程修了。専攻は日本政治史、日本行政史。
著書に『明治国家と官僚制』『日本行政史序説』(以上、芦書房)、『天皇親政』(中公新書)、『天皇と官僚』(PHP新書)など。

定価2,376円 (本体:2,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.