Detail
 
子どものこころ
四六判/並製/296頁
初版年月日:1996/04/15
ISBN:978-4-7664-0634-4
(4-7664-0634-6)
Cコード:C0011
定価 2,592円(本体 2,400円)

子どものこころ
その成り立ちをたどる
目次 著者略歴

誕生から乳幼児期、小・中・高校にかけての子どものこころの形成・発達過程を、豊富な具体例を通してわかりやすく解説。著者は児童青年精神医学界で活躍中の臨床医。父母、教師に一読をすすめる。

目次

まえがき

1 出産まで
胎教
出産

2 乳児期
最初の挨拶からコミュニケーションの確立へ
授乳
自分の身体を使う
離乳と人みしり
排泄、社会性の始まり
言葉と自己主張

3 幼児期
「どうして?」、母からの分離
お父さんの存在、男女のちがい
弟・妹の誕生、失うことの意味
宗教心、競争と協調と

4 小学校一・二年生
親を離れて
空想・強がり
興味と関心と

5 小学校三・四年生

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

1932年、和歌山県に生まれる。1958年、慶應義塾大学医学部卒業。1959年より1967年まで米国イエール大学、メニンガークリニックへ留学、1967年より1995年までは関東中央病院精神科勤務、1980年より同精神科部長。長谷川精神医療教育研究所所長を経て、現在、クリニックおぐら院長。
主な著書に『子どもの精神療法』編著(岩崎学術出版)、『初回面接』編著(星和書店)、『こころの世界』(彩古書房)、『親子関係の理論』編著(岩崎学術出版)、『子どもの心身症』共著(岩崎学術出版)、『精神保健』編著(東京書籍)、『プレイセラピー』共著(金剛出版)などがある。

定価2,592円 (本体:2,400円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.