Detail
 
国家公務員の中途採用

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/276頁
初版年月日:2019/10/22
ISBN:978-4-7664-2632-8
(4-7664-2632-0)
Cコード:C3031
定価 7,150円(本体 6,500円)
国家公務員の中途採用
日英韓の人的資源管理システム
目次 著者略歴

▼中途採用制度の運用実態を解明する

独自に収集した海外の職歴データを基に、キャリアパスの実態や組織業績への影響を分析。民間任用者の有効活用策を国際比較から探り、「働き方改革」時代の公務員の人材登用に示唆を与える。
内部育成か、中途採用か――。

日本を含め、各国で導入が進んでいる民間出身者の中途採用。
では、彼らはどのような仕事を、どのポストで行っているのだろうか。組織の業績を高めているのだろうか。
職務基準による採用・育成の問題点を指摘し、「成功する民間登用」へのカギを探る。

目次

序 章 謎に包まれた中途採用
 1 開放型任用制は「開放的」なのか?
 2 問題設定と本書の構成
 3 本書の特色

第1章 公務員制度のモデルと課題
 1 公共部門の人的資源管理モデル
 (1) NPM以前の公務員制度モデル
 (2) NPM以後の公務員制度モデル
 (3) 行政改革研究からの視座
 (4) 公務員制度のモデルに関する議論の変遷
 2 民間部門の人的資源管理モデル
 3 先行研究の課題
 (1) 開放/閉鎖二項対立モデルの構 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

小田 勇樹(おだ ゆうき)
1983年生まれ。2006年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、竃L田自動織機入社。L&Fカンパニー生産管理部日程グループ配属。生産ラインにて部品の納入管理を担当。2008年、同社を退職し慶應義塾大学大学院法学研究科入学。2013年、同研究科後期博士課程単位取得退学。博士(法学)。日本学術振興会特別研究員(DC2)、慶應義塾大学大学院法学研究科助教(有期・研究奨励)、同研究科研究員を経て、現在、大阪成蹊大学マネジメント学部講師。専門は行政学、政治学、公共政策。近著として、「国家公務員制度の現在地と働き方改革―最大動員システムの持続可能性―」『法学研究』第92巻5号(2019年)など。

定価7,150円 (本体:6,500円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.