Detail
 
デザイン科学概論

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/並製/232頁
初版年月日:2018/03/30
ISBN:978-4-7664-2502-4
(4-7664-2502-2)
Cコード:C3050
定価 2,592円(本体 2,400円)
デザイン科学概論
多空間デザインモデルの理論と実践
目次 著者略歴

▼「デザイン科学」に関する初の教科書。
▼デザイン科学の枠組みと代表的な理論である「多空間デザインモデル」を解説。
▼理論をデザイン(設計)の実践に応用した事例を数多く紹介。

デザイナーや設計者などの実務に携わる方々はもとより、デザイン・設計領域の研究者、教育者、さらには学生など、多くの方々に読んでいただけることを願っている。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


目次

はじめに(松岡由幸)

●第1部 デザイン科学と多空間デザインモデル
第1章 デザイン科学の文脈(加藤健郎)
第2章 デザイン思考のモデル(加藤健郎)
第3章 創発デザインと最適デザイン(佐藤浩一郎)
第4章 多空間デザインモデル(佐藤浩一郎)
第5章 多空間デザインモデルを応用するMメソッド(加藤健郎)
 5.1節 多空間デザインモデルに基づく発想法(M-BAR)(高野修治)
 5.2節 多空間デザインモデルに基づく分析・評価法(M-QFD)(堀内茂浩・加藤健郎)

●第 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【監修者】
松岡由幸(まつおか・よしゆき)
慶應義塾大学教授,デザイン塾主宰。博士(工学)。
日本デザイン学会会長,日本設計工学会副会長,日本工学会フェロー,日本機械学会フェロー,基礎デザイン学会監事。CG ATRS 協会,日本インダストリアルデザイナー協会,ASME,IEEE,Design Society など。
専門:デザイン科学,設計工学,製品開発システム論。
著書:『デザインサイエンス』(丸善),『モノづくり×モノづかいのデザインサイエンス』(近代科学社),『タイムアクシス・デザインの時代』(丸善出版),『M メソッド』(近代科学社),『もうひとつのデザイン』(共立出版)など。

【編者】
加藤健郎(かとう・たけお)
慶應義塾大学専任講師。博士(工学)。
日本デザイン学会理事,日本設計工学会理事。
専門:ロバストデザイン,デザインマネジメント,感性デザインなど。
著書:『ロバストデザイン』,『創発デザインの概念』(共立出版),『M メソッド』(近代科学社)など。

佐藤弘喜(さとう・ひろき)
千葉工業大学創造工学部デザイン科学科教授。博士(デザイン学)。
日本デザイン学会理事,グッドデザイン審査委員など。
専門:プロダクトデザイン,デザインに対する感性評価研究。
著書:『プロダクトデザイン』,『プロダクトデザインの基礎』(ワークスコーポレーション)など。

佐藤浩一郎(さとう・こういちろう)
千葉大学大学院准教授。博士(工学)。
日本デザイン学会理事。
専門:ジェネレーティブデザイン,創発デザイン,デザイン理論・方法論,デザイン科学など。
著書:『創発デザインの概念』(共立出版),『M メソッド』(近代科学社)。

【執筆者】
野修治(たかの・しゅうじ)
湘南工科大学工学部総合デザイン学科教授。専門:ビークルデザイン,プロダクトデザイン。日本デザイン学会理事を歴任,現正会員。著書:『M メソッド』(近代科学社)。企業在籍時代に,Red Rod Design Award, Good Design Award など国内外のデザイン賞を受賞。

堀内茂浩(ほりうち・しげひろ)
Lenovo Japan 株式会社 R&D LCD Subsystems Mechanical Design Team Leader。日本デザイン学会会員。ThinkPad の液晶部と周辺デザイン,次世代 ID デバイスの研究・開発,Lean Six Sigma, 知的財産活動推進に従事。

西村秀和(にしむら・ひでかず)
慶應義塾大学教授。工学博士。専門:モデルベースシステムズエンジニアリング,システム安全,自動運転システムなど。著書:『モデルに基づくシステムズエンジニアリング』(日経BP),『デザイン・ストラクチャー・マトリクス DSM』(監訳,慶應義塾大学大学出版会)など。

大槻 繁(おおつき・しげる)
株式会社一(いち)代表取締役社長。専門:ソフトウェアエンジニアリング,ソフトウェア経済学など。アジャイルプロセス協議会フェロー,実践的ソフトウェア教育コンソーシアム理事。著書:『ソフトウェア開発はなぜ難しいのか』(技術評論社),『ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業』(翔泳社)など。

森田寿郎(もりた・としお)
慶應義塾大学理工学部機械工学科准教授。博士(工学)。専門:インテグレーション工学,ヒューマノイド・ロボティクス,機構学など。著書:『基礎から学ぶ機構学』(オーム社)。

小木哲朗(おぎ・てつろう)
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授。博士(工学)。システム工学,ヒューマンインタフェース,VR などの研究に従事。著書:『シミュレーションの思想』(東京大学出版会),『バーチャルリアリティ学』(コロナ社)など。

平尾章成(ひらお・あきなり)
日産自動車株式会社カスタマーパフォーマンス&実験技術部主担。博士(工学)。認定人間工学専門家,JSAEプロフェッショナルエンジニア(人間工学)。専門:人間工学,感性工学,生体力学,ヒューマンモデリング,シート,HMI など。著書:『自動車技術ハンドブック 3 人間工学編』(自動車技術会)。

石上玄也(いしがみ・げんや)
慶應義塾大学理工学部機械工学科准教授。宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所客員准教授。同宇宙理工学委員会国際宇宙探査専門委員。専門:フィールドロボティクス,宇宙探査工学,テラメカニクス,自律移動制御。著書:『Springer Handbook of Robotics (2nd ed.)』,『The International Handbook of Space Technology』(Springer Praxis Books)など。

増田 耕(ますだ・こう)
日本発条株式会社常務執行役員。NHKインターナショナル株式会社取締役社長。慶應義塾大学理工学部機械工学科非常勤講師。専門:自動車部品製造業。2016年超モノづくり部品大賞で「モノづくり日本会議共同議長賞」を受賞。2016年日本設計工学会「武藤栄次優秀設計賞」を受賞。

佐々木良隆(ささき・よしたか)
日本発条株式会社シート生産本部開発部長。慶應義塾大学理工学部機械工学科非常勤講師。専門:自動車部品製造業。2016年超モノづくり部品大賞で「モノづくり日本会議共同議長賞」を受賞。2016年日本設計工学会「武藤栄次優秀設計賞」を受賞。

林 章弘(はやし・あきひろ)
日本発条株式会社シート生産本部開発部主査。慶應義塾大学理工学部機械工学科非常勤講師。専門:自動車部品製造業。2016年超モノづくり部品大賞で「モノづくり日本会議共同議長賞」を受賞。2016年日本設計工学会「武藤栄次優秀設計賞」を受賞。

浅沼 尚(あさぬま・たかし)
Tigerspike 株式会社 UX Lead。金融や小売分野のUXデザインコンサルティングを担当。専門:Design Strategy, Experience Design, Industrial Design。IF Design Award,Reddot Design Award, Good Design Award など国内外のデザイン賞を受賞。

松岡 慧(まつおか・けい)
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究所研究員。専門:システムデザイン,メディアデザイン。著書:『プラスチックの逆襲』(丸善プラネット)。Asia Network Beyond Design 2012 にて「E-Mail system “Kizuka Visualizer”」展示。

伊豆裕一(いず・ゆういち)
静岡文化芸術大学デザイン学部教授。専門:デザインマネジメント,デザイン思考,デザイナーとしての実務経験を生かしたデザインの創造性における表示技法研究。著書:『M メソッド』(近代科学社)。

松野史幸(まつの・ふみあき)
株式会社コーヤシステムデザイン代表取締役。慶應義塾大学理工学部非常勤講師。専門:リハビリテーション工学。横浜市総合リハビリテーションセンター企画研究室主事,株式会社オーエックスエンジニアリング研究開発室室長を歴任。

三輪俊晴(みわ・としはる)
日立製作所研究開発グループ日立研究所企画室企画室長。博士(工学)。日本機械学会会員,精密工学会会員。モノづくり分野の生産・品質管理システムや生産性設計(DfM)に関する研究・開発や企業の研究開発におけるMOTに従事。

星野洋二(ほしの・ようじ)
日産自動車株式会社 R&D マネージメント本部製品設計技術革新部エキスパートリーダー。製品設計における品質造り込み活動に従事。専門:品質信頼性技術,シャシー設計技術,デザインレビューを軸とした未然防止手法。

定価2,592円 (本体:2,400円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2018 Keio University Press Inc. All rights reserved.