Detail
 
毒と薬の文化史
A5判/並製/176頁
初版年月日:2017/10/31
ISBN:978-4-7664-2479-9
(4-7664-2479-4)
Cコード:C0020
定価 2,592円(本体 2,400円)
毒と薬の文化史
サプリメント・医薬品から危険ドラッグまで
目次 著者略歴

▼薬のすべて!
▼毒と薬,薬学,薬剤師について考える!!

毒や薬にまつわる事件や事故,薬がたどってきた歴史,薬の危険性,薬を扱う専門家である薬剤師とその養成期間である大学薬学部,人を虜にしてしまう麻薬・覚醒剤・大麻や危険ドラッグを広く解説。
▼歴史上の出来事や近年起きた事件から、人と薬物のかかわりを考える。
▼近年購入が容易になったサプリメント・医薬品の危険性についても紹介。

サプリメント、医薬品、危険ドラッグ――。現代を生きる私たちの生活は、毒や薬と切っても切れない関係にある。本書は、古今東西の毒と薬にまつわる数々のエピソードを紹介しながら、人類と薬物のかかわり、毒や薬の本質、また医薬品の開発・製造から流通まで、薬を扱う専門家である薬剤師とその養成期間である大学薬学部、さらには人を虜にしてしまう麻薬・覚醒剤・大麻や危険ドラッグについてなど、さまざまな視点から「薬」を考える。

目次

はじめに

第1章 最近起きた毒や薬にまつわる事件と事故 −毒や薬の本質−
 1.1 戦争と毒と薬
 1.2 保険金殺人事件
 1.3 スポーツとオリンピックとドーピング事件
 1.4 麻薬・大麻・覚醒剤・向精神薬などにまつわる事件と事故
 1.5 危険ドラッグによる事件や事故
 1.6 思いがけない毒

第2章 毒や薬にまつわる歴史 −ヒトと毒や薬との遭遇−
 2.1 人類の誕生と古代社会における毒や薬
 2.2 中世暗黒期における毒や薬
 2.3 近世大航海期におけ ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

船山信次(ふなやま・しんじ)
日本薬科大学教授,薬学博士,薬剤師。
1951年生まれ。東北大学薬学部卒業,東北大学大学院薬学研究科博士課程修了。天然物化学専攻。米国イリノイ大学薬学部博士研究員,北里研究所室長補佐,東北大学薬学部専任講師,青森大学工学部教授などを経て現職。日本薬史学会常任理事。著書は,『アルカロイド』(共立出版),『アミノ酸』(東京電機大学出版局),『毒と薬の科学』(朝倉書店),『毒と薬の世界史』(中央公論新社),『<麻薬>のすべて』(講談社),『カラー図解 毒の科学』(ナツメ社),『民間薬の科学』(SBサイエンス・アイ新書),『毒! 生と死を惑乱』(さくら舎)など多数。

定価2,592円 (本体:2,400円)
近刊
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.