Detail
 
バルトーク 音楽のプリミティヴィズム

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/280頁
初版年月日:2017/09/25
ISBN:978-4-7664-2472-0
(4-7664-2472-7)
Cコード:C3073
定価 4,860円(本体 4,500円)
バルトーク 音楽のプリミティヴィズム
目次 著者略歴

農民音楽からモダニズムへ
▼西洋音楽に多大な影響を与えた作曲家バルトーク・ベーラ(1881—1945)は、ハンガリーでは、自国の民謡を採集・研究した「文化英雄」とされている。
▼本書では、バルトークの創作における、モダニスト作曲家としての一面と、文化ナショナリズムの一面とが、どのような関わりをもっていたのかを分析し、バルトークの作品様式にも同じ二面性があらわれていることを論証する。
そして彼が、民俗音楽の「プリミティヴィズム」を取り込むことで、自らの芸術性を拡大していったさまを、豊富な譜例をもとに明らかにしていく。





紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


目次

序 論 
 
  T

第一章 民俗音楽の「精神」を求めて――バルトークの文化ナショナリズムとモダニズム
 一 バルトークと民俗音楽の「精神」
 二 ハンガリーの文化ナショナリズムと「民俗藝術」の流行
 三 チャートの音楽批評と「民謡の精神」 
 四 アディによるハンガリーの文化アイデンティティの捉え返し
 五 新しい「ハンガリーの音楽」のナショナリズム

第二章 音楽のナショナリズムからプリミティヴィズムへ――バルトークと一九一〇年前後のフランス音楽 
 一 バルトーク ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

太田 峰夫(おおた みねお)
1969年生まれ。1996年に東京大学大学院人文科学研究科修士課程を修了後、ハンガリー政府奨学生としてブダペストに留学。2009年に東京大学大学院人文社会研究科博士課程を修了。博士(文学)。2013年より宮城学院女子大学音楽科准教授。

定価4,860円 (本体:4,500円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.