Detail
 
マニラ・ガレオン貿易

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/210頁
初版年月日:2017/11/10
ISBN:978-4-7664-2471-3
(4-7664-2471-9)
Cコード:C3022
定価 5,400円(本体 5,000円)
マニラ・ガレオン貿易
陶磁器の太平洋貿易圏
書評 目次 著者略歴

▼陶磁器から眺望する世界的流通網
スペイン人による銀と絹の交易と考えられてきたマニラ・ガレオン貿易。
しかしその実態は、より様々な勢力とモノが入り乱れる、利権の坩堝だった。
考古学と文献史料双方から解明する、新たな貿易像。
16世紀から17世紀にかけて興隆をみせたガレオン貿易。
マニラを起点に太平洋を横断し、アメリカ大陸を経てイベリア半島に至る
世界的な流通は、ヨーロッパのライフスタイルまでをも変質させた。
しかし、従来スペイン人が独占してきたとされるこの貿易は、
ポルトガル人、中国人、コンベルソ、その他数多の勢力が時に対立し、
時に協働しながら構築されたものだった。
陶磁器の考古学的分析と文献史料の渉猟により、
マニラ・ガレオン貿易におけるモノと人の交錯を巨視的に捉えなおす力作。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。



書評

月刊 みすず 2018年1・2月合併号(no.667)「2017年読書アンケート特集」にて生田滋氏(東南アジア前近代史・大航海時代史)の「私の2冊」の1冊に選ばれました(p.110)。

目次

本書対象地域図

序 章

第1章 ポルトガル人とスペイン人のアジア海域進出
 1 イベリア勢力の海外進出
 2 ポルトガル人とスペイン人到来以前のアジア地域の交易
 3 マニラの設立と交易
 4 マニラ・マカオ間の交易と他の港市国家
 5 マニラの中国人

第2章 マニラ・ガレオン貿易における商業と商人
 1 マニラからヌエバ・エスパーニャへの商品の流れ
 2 市場構造とメキシコ人商人
 3 宗教団体の交易と密貿易
 4 商人のディアスポラとネットワーク

第 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

宮田 絵津子(みやた えつこ)
1970年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。サンティアゴ・デ・コンポステラ大学DEA取得後、ポンペウ・ファブラ大学博士後期課程修了。立教大学大学院文学研究科史学専攻修了。博士(文学)。現在、日本学術振興会特別研究員(RPD)、立教大学兼任講師。専門は歴史学・考古学。
主要業績にPortuguese Intervention in the Manila Galleon Trade (Archaeopress, 2017), The Early Manila Galleon Trade: Merchants' Networks and Markets in Sixteenth-and Seventeenth-Century Mexico, Asia & Spanish America Trans-Pacific Artistic & Cultural Exchange, 1500-1850 (Oklahoma University Press, 2009) など。

定価5,400円 (本体:5,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.