Detail
 
コミュニケーションの哲学入門

大きな画像を見る

画像をダウンロード
新書判/並製/108頁
初版年月日:2016/12/30
ISBN:978-4-7664-2392-1
(4-7664-2392-5)
Cコード:C0312
定価 756円(本体 700円)

本書と関連する書籍をご紹介します
小さな倫理学入門 詳細を見る
コミュニケーションの哲学入門
目次 著者略歴

日常生活に不可欠な「コミュニケーション」を哲学的に考える
わたしたちは日々、多かれ少なかれ、コミュニケーションをしながら生きている。
では、コミュニケーションとは何なのだろうか? 何を含むのだろうか? そこに言語は必要なのだろうか?
本書では、日常的な「コミュニケーション」というものをユーモアを交えながら哲学的に思考し、その理論的枠組みを示すことをめざしている。
ポール・グライスやドナルド・デイヴィドソンの言語哲学を援用し、「コミュニケーション」の新たな地平をひらこうとする、画期的な哲学入門書。


     
  慶應義塾大学三田哲学会叢書
 
     

 

 

三田哲学会は創立100年を機に、専門的な研究成果を「生きられる知」として伝え、 公共の中に行き渡らせる媒体として本叢書の発刊を企図した。
シリーズ名は、ars incognita アルス インコグニタ。
ラテン語で「未知の技法」を意味する。
単なる知識の獲得ではなく、新たな「生きる技法としての知」を作り出すという精神を表現している。


 

目次

 はじめに

第一章 何がコミュニケーションに含まれるのか

第二章 言語はそれほど必要ないかもしれない

第三章 「意味」といわゆるメタメッセージ

第四章 言語の居場所はどこにあるのだろうか

 書誌情報

 あとがき

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

柏端達也(かしわばた たつや)
1965年生まれ。慶應義塾大学文学部教授。専門は、行為論、現代形而上学。博士(人間科学)。著書に『自己欺瞞と自己犠牲』(勁草書房、2007)、『行為と出来事の存在論』(勁草書房、1997)など。

定価756円 (本体:700円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
amazon e-hon
セブンネットショッピング ビーケーワン
楽天ブックス 紀伊国屋
jbook ジュンク堂
本屋クラブ ブックサービス
BOOX TSUTAYA
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.