Detail
 
迷走するイギリス

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/並製/224頁
初版年月日:2016/10/05
ISBN:978-4-7664-2373-0
(4-7664-2373-9)
Cコード:C0031
定価 1,944円(本体 1,800円)

本書と関連する書籍をご紹介します
倫理的な戦争 詳細を見る
戦後アジア・ヨーロッパ関係史 詳細を見る
迷走するイギリス
―― EU離脱と欧州の危機
書評 目次 著者略歴

▼イギリス外交史の第一人者が“EU 離脱” までの深層と、
 分裂に揺れるイギリスを読み解く!

 今年の6月に世界の政治経済を震撼させた、
イギリス国民投票によるEU離脱という結果――
そして、そこに至るイギリスのEU 加盟時から現在までの歴史も
決して平坦ではなかった――。
 これから孤高の道を歩むイギリスがめざす方向は? 
また連合王国としてのイギリスは解体に向かうのか?  
イギリス外交史・国際政治の第一人者が歴史的背景から
イギリス政治社会とヨーロッパを展望する一冊!


本書「序章 ―イギリスはどこに向かうのか (抜粋)」を公開しました。
ぜひご覧ください。






紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


書評

金融財政事情 2016.11.21号「書架」(p.50)に書評が掲載されました。評者は林秀毅氏(日本経済研究センター特任研究員)です。
日本経済新聞 2016年11月13日読書面(21面)に書評が掲載されました。
大分合同新聞 2016年10月30日 読書面(10面)に書評をご掲載いただきました。

目次

序 章 イギリスはどこに向かうのか
 EUとの離別 / ヨーロッパの複合的危機 / イギリスにとってのヨーロッパ / アイデンティ
 ティの揺らぎ / 欧州懐疑主義の拡散 / BREXITの政治学
    
第1章 戦後イギリスとヨーロッパ統合
 ヨーロッパのなかのイギリス / チャーチルの「欧州合衆国」構想 / 英仏関係における協調
 と対立 一九四七 ― 一九五四年 / 独仏枢軸を前にして 一九五四 ― 一九六三年 /
 欧州共同体加盟への道 一九 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

細谷 雄一(ほそや ゆういち)
慶應義塾大学法学部教授。1971年、千葉県生まれ。英国バーミンガム大学大学院国際関係学修士号取得。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了。博士(法学)。
主な著書に、『戦後国際秩序とイギリス外交―戦後ヨーロッパの形成1945年−1951年』(創文社、2001、サントリー学芸賞)、『倫理的な戦争―トニー・ブレアの栄光と挫折』(慶應義塾大学出版会、2009、読売・吉野作造賞)、『国際秩序―18世紀ヨーロッパから21世紀アジアへ』(中公新書、2012)、『歴史認識とは何か―日露戦争からアジア太平洋戦争まで』(新潮選書、2015)ほか。

定価1,944円 (本体:1,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.