Detail
 
地球温暖化シミュレーション

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/184頁
初版年月日:2015/03/14
ISBN:978-4-7664-2202-3
(4-7664-2202-3)
Cコード:C3044
定価 3,456円(本体 3,200円)
地球温暖化シミュレーション
地質時代の炭素循環
目次 著者略歴

▼地球の気候変動をコンピュータで「予測」できるか

・炭素循環に着目したシミュレーション手法とは?
・新生代(過去6500万年)に気候が変動した原因は?
・従来の研究(プロキシ)との整合性は?
・これからの地球温暖化予測にどこまで迫れるか?

 CO2(二酸化炭素)濃度の上昇による「地球温暖化」は,現代の環境問題として扱われることが多いが,「地球温暖化」という現象は現代特有のものではない。化石分析などの実地研究によると,地球はその長い歴史において,CO2濃度の増減による温暖化と寒冷化を繰り返してきたことがわかっている。これを,コンピュータシミュレーションによって推定(再現)する手法が登場してきた。その有力なものとして,地球上の炭素の移行プロセスに注目した「炭素循環モデル」がある。
 本書では,この炭素循環モデルを使って,「新生代」(過去約6500万年)の気候変動を大胆に復元する方法を解説する。シミュレーションの基本的な考え方,計算方法,気候変動とCO2濃度の関係などがわかりやすく書かれている。
 本書で紹介する炭素循環モデルは,一般的な地球温暖化予測モデルとは一風異なっている。大陸や海底の堆積物などの炭素循環が考慮され,普遍的な気候変動を再現することができる。シミュレーションの結果は,これまでの結果と符合することもあれば,従来の仮説に新たな一石を投じることもある。




紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


目次

はじめに

第1章 グローバル炭素循環とは
 1.1 風化作用
 1.2 火成作用−変成作用
 1.3 植物の光合成および有機物の埋没
 1.4 有機炭素の酸化的風化
 1.5 風化フィードバック
 1.6 本章のまとめ

第2章 グローバル炭素循環モデル
 2.1 ボックスモデル
 2.2 BLAGモデル
  2.2.1 システムとマスバランス
  2.2.2 フラックス
  2.2.3 現代値および定数
  2.2.4 解法
   ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

柏木洋彦(かしわぎ・ひろひこ)
1975年生まれ。慶應義塾大学理工学部応用化学科卒業,同大学院理工学研究科開放環境科学専攻後期博士課程修了,中央大学法科大学院修了。現在は一色国際特許業務法人に勤務。博士(工学),法務博士(専門職)。

鹿園直建(しかぞの・なおたつ)
1946年生まれ。東京大学理学部地学科卒業,同大学院理学系研究科地質学博士課程修了。慶應義塾大学名誉教授。2004〜2006年資源地質学会会長。2014年4月逝去。著書に,『地球学入門』(慶應義塾大学出版会,2006年),『地球システム環境化学』(東京大学出版会,2010年),『地球惑星システム科学入門』(東京大学出版会,2009年)など多数。

定価3,456円 (本体:3,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.