Detail
 
緑の画家 鈴木信太郎

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/144頁
初版年月日:2014/10/30
ISBN:978-4-7664-2188-0
(4-7664-2188-4)
Cコード:C0070
定価 2,970円(本体 2,700円)
緑の画家 鈴木信太郎
喪失と祈り
目次 著者略歴

鈴木の緑は複雑で奥行きがある
生誕120年、没後25年を記念した画家の傑作評伝

鈴木信太郎(1895−1989年)は、東京八王子の商家に生まれ、15歳で白馬会洋画研究所に入所、のちに石井柏亭に師事し、一陽会を結成した洋画家である。その複雑で奥行きのある緑づかいの画風から、「緑の画家」と評された。没後25年を記念して、画家・鈴木信太郎のはじめての評伝を刊行する。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


目次

1. 織物の町・八王子と車人形

2. 自然に対する敬虔な祈り 奈良・長崎・伊豆

3. 絵の虫・歌の虫

4. 「三田文学」との出会いから装幀・挿絵・商業デザインの世界へ

5. 喜びを育てあげる

 年譜

 あとがき

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

安藤 京子(あんどう きょうこ)
1965年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。在学時は体育会庭球部女子主将。東京電力株式会社勤務をへて、1997年から2013年まで三田文学編集部員。

定価2,970円 (本体:2,700円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.