Detail
 
民事訴訟法における訴訟終了宣言の研究

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/678頁
初版年月日:2010/11/10
ISBN:978-4-7664-1747-0
(4-7664-1747-X)
Cコード:C3032
定価 10,800円(本体 10,000円)

本書と関連する書籍をご紹介します
倒産法実務の理論研究 詳細を見る
民事訴訟法における既判力の研究 詳細を見る
民事訴訟法における訴訟終了宣言の研究
書評 目次 著者略歴

終局判決、訴えの取下げによる訴訟終了で十分なのか?
▼ 日本における訴訟終了宣言を論じる珠玉の体系書。ドイツにおける制度の現状と問題点、その発展と形成、比較法的・法制史的視点、日本法における解釈論など、内在する論点を余すところなく体系的に考察。精緻極まる「訴訟終了宣言」研究の集大成、遂に刊行。

書評

判例タイムズ 1346号(2011年7月1日)「Book Review」(105頁)にて紹介されました。

目次

序 章 

第一編 ドイツの訴訟終了宣言の制度の現状 
 第一章 訴訟終了宣言の手続の概要
 第二章 双方的訴訟終了宣言
 第三章 一方的訴訟終了宣言
 第四章 本案の判断と訴訟費用の裁判の連動性
 第五章 訴訟終了宣言の裁判例

第二編 訴訟終了宣言の制度の生成と展開
 第一章 ドイツにおける生成の歴史
 第二章 ドイツ民事訴訟法第二六九条第三項第三段の創設
 第三章 オーストリア民事訴訟法と訴訟終了宣言
 第四章 スイス民事訴訟法と訴訟終了宣言

第三編 日本の ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

坂原正夫(さかはら まさお)
慶應義塾大学名誉教授。法学博士。
1944年栃木県足利市に生まれる。慶應義塾大学法学部卒業、同大学院法学研究科博士課程単位取得退学。前慶應義塾大学法学部教授・法務研究科教授。
司法試験考査委員、日本民事訴訟法学会監事、同理事、日本公証法学会監事、同理事、財団法人民事紛争処理研究基金選考委員、同理事、学術審議会専門委員(科学研究費分科会)、第二東京弁護士会懲戒委員会予備委員、浦和地方裁判所司法委員等を歴任。
主要著書として、『民事訴訟法における既判力の研究』(慶應義塾大学法学研究会叢書、1993年)、池田辰夫編『新現代民事訴訟法入門』(共著、法律文化社、2005年)、中野貞一郎ほか編『新民事訴訟法講義〔第2版補訂2版〕』(共著、有斐閣、2008年)ほか。

定価10,800円 (本体:10,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.