Detail
 
消費者法の新展開

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/346頁
初版年月日:2009/10/30
ISBN:978-4-7664-1694-7
(4-7664-1694-5)
Cコード:C3032
定価 5,184円(本体 4,800円)

本書と関連する書籍をご紹介します
団体訴訟の新展開 詳細を見る
消費者法の新展開
目次 著者略歴

日本の消費者庁設置関連法を詳解し、消費者紛争処理や不招請勧誘の規制について、数次にわたる海外調査を行い、ドイツ、フランス、オランダ、スウェーデンにおける消費者法制度を詳細に分析し、日本の状況と導入を検討する。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


目次

はじめに
問題の所在

序章 消費者庁・消費者委員会の創設
 一 はじめに
 二 消費者庁及び消費者委員会設置法
 三 消費者庁及び消費者委員会設置法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律
 四 消費者安全法

第1章 消費者団体訴訟と金銭的請求
 一 問題の所在
 二 ヨーロッパにおける近時の展開
 三 我が国への導入についての検討
 四 結語
 章末資料 ドイツにおける団体訴訟制度に関する邦語文献一覧

第2章 スウェーデンにおける消費者紛争解決手続
 一  ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

宗田貴行(そうだ たかゆき)
獨協大学法学部准教授・法学博士
1973年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了。2003年4月から奈良産業大学法学部専任講師、2005年4月から同法学部助教授。2007年4月から現職。2004年に法学博士の学位を取得(慶應義塾大学)。2006年に電気通信普及財団賞テレコム社会科学賞奨励賞を受賞。専攻は民事訴訟法、消費者法、経済法。
主要著書に『迷惑メール規制法概説』(レクシスネクシス・ジャパン、2006年)、『団体訴訟法の新展開』(慶應義塾大学出版会、2006年)、『独禁法民事訴訟』(レクシスネクシス・ジャパン、2008年)、「独占禁止法への団体訴訟制度の導入について」『日本経済法学会年報』第26号(有斐閣、2005年9月)、「独占禁止法上の差止請求権に基づく作為請求」『競争法の現代的諸相<下>』(厚谷襄児先生古稀記念論集)(信山社、2005年)など。

定価5,184円 (本体:4,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.