Detail
 
論争! 経済危機の本質を問う

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/並製/208頁
初版年月日:2009/08/26
ISBN:978-4-7664-1640-4
(4-7664-1640-6)
Cコード:C3033
定価 1,296円(本体 1,200円)

論争! 経済危機の本質を問う
サブプライム金融危機と市場の高質化
吉野 直行 編著
矢野 誠 編著
樋口 美雄 編著
書評 目次 著者略歴

経済学は、この危機を乗り越えられるか!
▼慶應義塾大学−京都大学連携グローバルCOEによるシンポジウム「サブプライム・ローン問題と金融市場の高質化」の書籍化。「市場の高質化」をキーワードに、サブプライム問題発生から今日に至るまでの経済危機の本質を分析し、短期的処方箋のみならず中長期視点から経済回復に向けた制度・政策的枠組みを提示する。

いま、何よりも経済学こそが試練に立たされている!
▼サブプライム問題に端を発する今日の経済危機は、経済学そのものにも挑戦状を突きつけている。いまこそ、新たな経済理論が求められているのだ。日本を代表するエコノミストたちが登場し、新たな経済学の地平を提示する。

書評

出版ニュース 2009年10月下旬号「ブックガイド」で紹介されました。
週刊 金融財政事情 2009年10月5日号「書評」で紹介されました。
日経連タイムス 2009年9月17日(2967号)「新刊紹介」で紹介されました。

目次

はしがき   吉野直行・矢野誠・樋口美雄

第T部 危機の本質を問う
第1章 経済学とグローバル経済危機   岩井克人
第2章 金融市場の高質化とは?   矢野誠

第U部 市場インフラを改革せよ
第3章 アメリカ発の金融危機と金融監督の行方   深尾光洋
第4章 金融・経済危機2007−2009:ConflictsとComplexity   池尾和人
第5章 バブル発生の背景と民間資金を活用したアジアの景気回復策   吉野直行
第6章 金融市 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

執筆順。★は編者、所属・肩書きはシンポジウム開催時のもの

吉野直行(よしの なおゆき) 慶應義塾大学経済学部教授★
矢野誠(やの まこと) 京都大学経済研究所教授★
樋口美雄(ひぐち よしお) 慶應義塾大学商学部教授★
岩井克人(いわい かつひと) 東京大学大学院経済学研究科教授
深尾光洋(ふかお みつひろ) 慶應義塾大学商学部教授
池尾和人(いけお かずひと) 慶應義塾大学経済学部教授
高橋亘(たかはし わたる) 日本銀行金融研究所所長
竹森俊平(たけもり しゅんぺい) 慶應義塾大学経済学部教授
玉木林太郎(たまき りんたろう) 財務省国際局長
門間大吉(もんま だいきち) 財務省国際局審議官
樋口俊一郎(ひぐち しゅんいちろう) 財務省財務総合政策研究所所長

定価1,296円 (本体:1,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.