Detail
 
破産法概説〔新訂第4版〕
A5判/上製/670頁
初版年月日:2008/11/10
ISBN:978-4-7664-1554-4
(4-7664-1554-X)
Cコード:C3032
定価 4,968円(本体 4,600円)

本書と関連する書籍をご紹介します
倒産法実務の理論研究 詳細を見る
破産法研究 詳細を見る
破産法概説〔新訂第4版〕
目次 著者略歴

第一線の弁護士かつ研究者の著者による、破産法の基本書。破産法の全面改正(平成16年)、新会社法の施行(平成18年)に対応した新訂第3版に、信託法の改正、信託財産の破産の制度の新設などの近年の法改正を反映させた、破産法テキストの決定版。

目次

第1編 序説
第1章 破産の概念
第2章 破産の法規

第2編 破産手続開始の申立てと開始決定 
第1章 破産能力
第2章 破産原因
第3章 破産手続開始の申立て
第4章 破産手続開始決定
第5章 破産手続開始後の破産者の行為等
第6章 破産手続開始前の未解決の法律関係
第7章 係属中の訴訟と執行

第3編 破産の機構 
第1章 破産団体
第2章 破産の機関

第4編 破産債権 
第1章 破産債権
第2 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

宗田親彦(そうだ ちかひこ)
1943年12月10日生まれ
1966年3月 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
1972年4月 弁護士登録(東京弁護士会)
1979年3月 法学博士(慶應義塾大学)
現在   明治学院大学大学院法務職研究科教授、弁護士

著書:『演習破産法』(共著、青林書院新社、1973年)、『否認権の対象』(酒井書店、1979年)、『注釈会社更生法』(共著、青林書院、1986年)、『倒産のはなし』(金融財政事情研究会、1987年)、『注釈和議法(改訂)』(共著、青林書院、1993年)、『破産法研究』(慶應通信、1995年)、『演習ノート破産法(改訂版)』(共著、法学書院、1996年)、『注釈破産法(第3版)』(共著、青林書院、1998年)、『会社更生手続の新展開』(商事法務、2002年)、『やさしい倒産法(第7版)』(共著、法学書院、2008年)ほか多数。

定価4,968円 (本体:4,600円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.