Detail
 
先物・オプション市場の計量分析
A5判/上製/480頁
初版年月日:1997/01/01
ISBN:978-4-7664-0672-6
(4-7664-0672-9)
Cコード:C3034
定価 3,740円(本体 3,400円)
先物・オプション市場の計量分析
目次 著者略歴

先物・オプション取引の理論的説明とともに、市場における取引主体の行動モデルを構築しマイクロ・データと対決させる本格的計量経済学的研究を行った待望の書。カオス理論の適用も試みる。

目次

1 序論………岩田暁一
1.1 デリバティブ市場発展の必然性
1.2 各章の紹介

2 先物・オプション市場の機能と役割………藤原浩一
2.1 はじめに
2.2 先物・オプション市場はなぜ必要か
2.3 先渡し取引の問題点
2.4 先物取引の機能
  2.4.1 先物取引を支えるシステム
  2.4.2 標準品を前提にした市場取引
  2.4.3 限月制
2.4.4 先物価格の成立と問題点
2.4.5 クリアリング・システム
2.4.6 証 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

岩田暁一(いわた・ぎょういち)
1962年啓大学院経済学研究科博士課程終了
慶應義塾大学商学部教授(経済学博士)

藤原浩一(ふじわら・こういち)
1993年慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程終了
弘前大学人文学部助教授

砂田洋志(すなだ・ひろし)
1996年慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程終了
山形大学人文学部専任講師

熊谷善彰(くまがい・よしあき)
1993年慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程修了
1995年慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了
慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程

新井 啓(あらい・けい)
1996年慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了
慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程

定価3,740円 (本体:3,400円)
品切・重版未定
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.