Detail
 
溶解する<大学>

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/並製/216頁
初版年月日:2006/05/25
ISBN:978-4-7664-1256-7
(4-7664-1256-7)
Cコード:C3310
定価 3,024円(本体 2,800円)

本書と関連する書籍をご紹介します
窓あるいは鏡 詳細を見る
ケータイ研究の最前線 詳細を見る
流体生命論 詳細を見る
溶解する<大学>
目次 著者略歴

「スキマ」としての大学。
独立行政法人化、大学改革を経て、大学はどこに行くのか?
大学の危機を「進歩とは何か」という根本の問いへと差し戻す西垣通氏の講演をはじめ、内田樹氏、金子郁容氏を迎えて「大学の未来」を徹底討論するシンポジウム、『大学ランキング』の小林哲夫氏へのインタヴューなど、ありきたりの教育論・大学論を大きく踏み越える、<異空間>としての大学の魅力を問い直す多様な論考を多数収録。

目次

I グローバリゼーションと知の変質 
大学の溶解、文化の自殺 吉岡洋
グローバル化と大学知の危機
 ――『アメリカの階梯』を通して 西垣通

II 大学〈改革〉を越えて
大学の未来
 ――新たな改革モデルを求めて 内田樹、金子郁容、室井尚 司会・吉岡洋

III 大学の〈今〉を語る
混乱をめぐる記号の消費 外山知徳
大学と実践――「危機」の本質とその脱出口 水島久光
<溶解する大学>の現状・断章 榑沼範久
大学の匂い 島本 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

阿部卓也(あべ たくや)
一九七八年生まれ。現在、東京大学大学院情報学環研究拠点形成リサーチアシスタント。専門は情報記号論、デザイン論。論文には「漢字デザインの形態論」(「TAKEO 2005 デザイン史研究論文・デザイン評論」にて優秀賞授賞)など。現在、東京大学大学院情報学環で推進中のハイパーメディア型理論ツール制作プロジェクト「テレビ分析の〈知恵の木〉」の、システムデザインに取り組んでいる。http://www.nulptyx.com/chienoki/
内田樹(うちだ たつる)
一九五〇年生まれ。現在、神戸女学院大学教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論。著書には、『レヴィナスと愛の現象学』(せりか書房、二〇〇一)、『他者と死者』(海鳥社、二〇〇四)、『ためらいの倫理学』(角川文庫、二〇〇三)、『映画の構造分析』(晶文社、二〇〇三)、『街場のアメリカ論』(NTT出版、二〇〇五)などがある。

金子郁容(かねこ いくよう)
一九四八年生まれ。現在、慶應義塾大学政策・メディア研究科教授。専門は、ネットワーク論、ソーシャルイノベーション、教育改革。著書には、『ボランタリー経済の誕生』(実業之日本、一九九八<共著>)『コミュニティ・ スクール構想』(岩波書店、二〇〇〇<共著>『学校評価』(筑摩新書、二〇〇五)などがある。

木戸敏郎(きど としろう)
一九三〇年生まれ。現在、京都造形芸術大学教授。演出家・音楽ディレクター。専門は音楽、芸術評論。著書には『古代楽器の復元』(音楽之友社、一九九四)などがある。中島健蔵音楽賞、クラウス・ヴァックスマン賞(アメリカ)受賞。二〇〇五年、古代エジプトのアンギュラーハープを復元・発表し、現在は古代ギリシアのアンギュラーハープの復元に取り組んでいる。

榑沼範久(くれぬま のりひさ)
一九六八年生まれ。現在、横浜国立大学教育人間科学部メディア研究講座助教授。専門は知覚・感覚文化論、表象文化論。『10+1』(INAX出版)に「視覚の身体文化学」連載(二〇〇四 no.36〜二〇〇五 no.39)。著書には『表象のディスクール4 イメージ――不可視なるものの強度』(東京大学出版会、二〇〇〇〈共著〉)、『身体医文化論――感覚と欲望』(慶應義塾大学出版会、二〇〇二〈共著〉)、『運動+(反)成長――身体医文化論II』(慶應義塾大学出版会、二〇〇三〈共編著〉)、『近代日本の身体感覚』(青弓社、二〇〇四〈共著〉)などがある。

小林哲夫(こばやし てつお)
一九六〇年生まれ。フリー編集者、記者。成蹊大学国際教育センター非常勤講師。 教育、社会問題を中心に総合誌などに執筆。朝日新聞社出版社本部「大学ランキング」編集部(一九九四年〜)。著書に『飛び入学』(日本経済新聞社、一九九九)、 『理系就職転職白書』(丸善、二〇〇五)。名古屋大学高等教育研究センター客員助教授(一九九九年)。広島大学高等教育開発センター(一九九九〜二〇〇一年)

島本浣(しまもと かん)
一九四七年生まれ。現在、京都精華大学芸術学部教授。専門は西洋美術史、美術批評史。著書には『絵画の探偵術』(昭和堂、一九九五〈編著〉)、『美術史と他者』(晃洋書房、二〇〇〇〈編著〉)、『美術カタログ論――記録・記憶・言説』(三元社、二〇〇五)など。現在は「美術全集」の研究に取り組んでいる。

外山知徳(とやま とものり)
一九四二年生まれ。現在、静岡大学教育学部教授。専門は建築計画学、住居学。著書には『住まいの家族学』(丸善、一九八五)、『新・住居学[改訂版]』(ミネルヴァ書房、一九八九初版、二〇〇五改訂版〈共著〉)、『家族援助を問い直す』(同文書院、二〇〇四〈共著〉)などがある。

西兼志(にし けんじ)
一九七二年生まれ。現在、東京大学大学院情報学環研究拠点形成特任研究員。専門はコミュニケーション学。論文には「フーコーとメディア」(『現代思想 特集フーコー』青土社、二〇〇三)などがある。

西垣通(にしがき とおる)
一九四八年生まれ。現在、東京大学大学院情報学環教授。専門は情報学、メディア論。著書には『基礎情報学』(NTT出版、二〇〇四)、『アメリカの階梯』(講談社、二〇〇四)、『情報学的転回』(春秋社、二〇〇五)などがある。

松本明子(まつもと あきこ)
一九七一年生まれ。現在、大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程。専門は言語哲学、レトリック、記号論。論文には「〈記号〉対〈記号〉の不協和音から人間が感得するもの〜ルネ・マグリットの作品を題材に〜」(『言語 コミュニケーション 文化』一、二〇〇四、関西学院大学言語コミュニケーション文化学会)、「〈意識〉研究の最近の動向について」(『年報 人間科学』二六、二〇〇五、大阪大学人間科学研究科)などがある。また「魅力ある大学院教育」イニシアティブのフィールドワーク支援基金を受けて、二〇〇六年二〜三月にスペイン各地でフラメンコの調査研究を行った。

松本健太郎(まつもと けんたろう)
一九七四年生まれ。現在、中部大学他で非常勤講師。専門は文化記号論、コミュニケーション論。論文には、「言語活動の終焉に向かって――ロラン・バルトの記号論的テクストにおける視覚関係の変遷」(『映像学』第六九号、日本映像学会、二〇〇二)「ロラン・バルトの写真論における言語批判的要素について」(『記号学研究』第二三号、日本記号学会、二〇〇三)などがある。

水島久光(みずしま ひさみつ)
一九六一年生まれ。旭通信社、インフォシーク、社団法人日本広告主協会・Web広告研究会を経て、現在、東海大学助教授。専門は、メディア論、情報記号論。主な論文に「情報バラエティのダイクシスとアドレス」(『社会の言語態』、東京大学出版会、二〇〇二)、「メディアと公共性の原理の現在」(『マス・コミュニケーション研究』、日本マス・コミュニケーション学会、二〇〇四)。単著としては『閉じつつ開かれる世界』(勁草書房、二〇〇四)などがある。

室井尚(むろい ひさし)
一九五五年生まれ。現在、横浜国立大学教授。専門は情報文化論、美学、記号論。著書には『情報宇宙論』(岩波書店、一九九一)、『情報と生命』(新曜社、一九九三〈吉岡洋と共著〉)、『巨大バッタの奇蹟』(アートン、二〇〇五)、『教室を路地に! ――横浜国大vs紅テント二七三九日――』(岩波書店、二〇〇五)などがある。

吉岡洋(よしおか ひろし)
一九五六年生まれ。現在、情報科学芸術大学院大学教授。批評誌『ダイアテキスト』一〜八巻(京都芸術センター刊、二〇〇〇〜二〇〇三)編集長、「京都ビエンナーレ2003」総合ディレクター。専門は美学、現代思想。著書には『「思想」の現在形』(講談社選書メチエ、一九九七)、訳書にはマーク・ポスター著『情報様式論』(岩波現代文庫、二〇〇一〈共訳〉)などがある。

定価3,024円 (本体:2,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
amazon e-hon
セブンネットショッピング ビーケーワン
楽天ブックス 紀伊国屋
jbook ジュンク堂
本屋クラブ ブックサービス
BOOX TSUTAYA
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.