Detail
 
日本の経済外交と中国
A5判/上製/304頁
初版年月日:2004/10/19
ISBN:978-4-7664-1118-8
(4-7664-1118-8)
Cコード:C3031
定価 3,132円(本体 2,900円)

本書と関連する書籍をご紹介します
現代中国の外交 詳細を見る
日本外交と中国 1945〜1972 詳細を見る
日本の経済外交と中国
目次 著者略歴

日本政府が個々の国家との友好関係の確立・維持、あるいは争点の処理において経済的手段をいかに活用してきたのか。日本の対中政府資金供与における政策過程と経済手法、その影響を、1978―1997年の各内閣期ごとに検証する、気鋭の論考。

第21回(2005) 大平正芳記念賞受賞。

目次


まえがき

第一章 日本経済外交への分析視角
――経済援助・経済制裁・日本型経済外交――
第一節 経済外交をめぐる諸概念
一 日本の経済と外交
二 経済パワーと影響力
三 経済外交の構成要素――経済援助と経済制裁
第二節 日本型経済外交とは
一 経済外交の中枢的手段――経済協力、政府開発援助
二 日本型経済外交のパフォーマンス
二国間関係の基盤
経済制裁に対する経済援助の優位
限られた政策手段と多数の政策目標< ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

徐 承元(ソウ・スンウォン)
関東学院大学法学部法政策学科助教授
1966年、韓国・礼山生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了(法学博士)。高麗大学BK21東アジア教育研究団博士後研究員(2000年度)、高麗大学亜細亜問題研究所研究助教授(2001年度)を経て、2002年度より現職。
主要著作に、『中国政治と東アジア』(共著、慶應義塾大学出版会、2004年)、『北朝鮮経済改革研究』(共著、ソウル:フマニタス、2002年)、Rising Sun, Morning Calm: Friction between Japanese and Koreans Imperils American Security in East Asia (Co-authored/Co-work with Chung-in Moon, forthcoming) ほか。

定価3,132円 (本体:2,900円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.