Detail
 
教育の理想
四六判/上製/332頁
初版年月日:2002/11/01
ISBN:978-4-7664-0955-0
(4-7664-0955-8)
Cコード:C1037
定価 3,456円(本体 3,200円)
教育の理想
目次 著者略歴

独創的な教育論で知られる著者(慶大名誉教授)が、改めて教育の根本的な改革の必要を説く新・教育立国論。
日本の教育の歴史を辿り、その教育システムとそれを支える思想の根本的な誤りを「教育と政事」「教育と国家」のあり方に求める。
「国のための教育」から、ソクラテスの「善さ」を見つめた思想に基づく「人間個人のための教育」への変革を説き、未来の学校教育の理想を説く。

目次

目次

 序 新首相に――「大きな政治」を期待する――

第T部 日本の近代教育の歩み
 一 「学校ノ制」のスタート
 二 国家のための教育か、人間のための教育か?
 三 「教育勅語」の出現
 四 「政事と教育と分離すべし」
 五 批判と抵抗――文学
 六 批判と抵抗――教育
  (一)大正自由教育運動とその経緯――その一
  (二)大正自由教育運動とその経緯――その二
 七 アメリカ教育使節団報告書
 八 教育 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。


教育学者。慶應義塾大学名誉教授。文学博士。
1922年生まれ、広島文理科大学卒業(教育学専攻)。教育思想、教育哲学の研究で知られ、教育哲学会会長、教育課程審議会の委員、第15期日本学術会議会員等として広く社会的活動を行ってきた。現在、日本通信教育学会会長。
著書に『教師ソクラテスの研究』(牧書店、1966年)『教育学入門』上・下(講談社学術文庫、1976年)『「善さ」の構造』(講談社学術文庫、1978年)『教育からの見直し』(東洋館出版社、1992年)など多数。『村井実著作集(全8巻)』(小学館、1987〜1988年)がある。

定価3,456円 (本体:3,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.