Detail
 
通俗民権論 通俗国権論
四六判/上製/392頁
初版年月日:2003/07/15
ISBN:978-4-7664-0883-6
(4-7664-0883-7)
Cコード:C0300
定価 2,808円(本体 2,600円)
通俗民権論 通俗国権論
書評 目次 著者略歴

西南戦争を中心とする士族の反乱、自由民権運動、国会開設運動、条約改正問題など、噴出する様々な政治的課題を、「官」にのみ依存するのではなく、「一身独立」した「民」の力を高め、その調和によって解決していこうと説いた、福澤諭吉の政治論集。

書評

週刊ダイヤモンド 2007年12月22日号「BOOK 再読」(86頁)で本書収録の「分権論」が紹介されました。
毎日新聞 2006年5月7日朝刊「書評(この人・この3冊)」欄(9面)で紹介されました。

目次

分権論
通俗民権論
通俗国権論
通俗国権論 二編
国会論
国会難局の由来
参考資料
 通俗民権論 二編(草稿)

解 説 寺崎 修

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

1945年生まれ。1968年慶應義塾大学法学部卒業、1970年同大学大学院法学研究科修士課程修了。1988年駒澤大学法学部教授。現在、慶應義塾大学法学部教授、法学博士。

定価2,808円 (本体:2,600円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
amazon e-hon
セブンネットショッピング ビーケーワン
楽天ブックス 紀伊国屋
jbook ジュンク堂
本屋クラブ ブックサービス
BOOX TSUTAYA
ページトップへ
Copyright (C)2004-2016 Keio University Press Inc. All rights reserved.