Contents
目次
5人目の旅人たち
四六判/並製/272頁
初版年月日:2019/10/15
ISBN:
978-4-7664-2624-3
 
(4-7664-2624-X)
Cコード:C0030
税込価格:1,760円
5人目の旅人たち
「水曜どうでしょう」と藩士コミュニティの研究

目次

長い長いまえがき
 自己紹介と東日本大震災と番組/この本で解こうとしている問い/研究の方法

第一章 「水曜どうでしょう」とはどんな番組か
 不思議な番組「水曜どうでしょう」/番組の概要/番組と番組掲示板/レギュラー放送時の
 社会背景/ビジネスとしての番組の大成功/熱烈なファン「藩士」/北海道物産展にて

第二章 メディアと「藩士」 その1――テレビのレギュラー放送からDVDへ
 ファンの共通点/何度も見ないとわからない/同期型のテレビと疑似同期のTwitter/共感
 の共有の重要性/身体性の高いものは繰り返し見られる/マスメディアの「リレーションシッ
 プマーケティング」

第三章 メディアと「藩士」 その2――番組掲示板の役割
 番組HPのスタッフルームと番組掲示板/嬉野さんとSHARPさん/番組掲示板でのお悩み
 相談/番組掲示板でのマーケティング――関係性を深める/掲示板でのコミットメント/
 道内と道外のファンの違いとメディア/道民にとっての番組/キー局でのSNS利用の
 試み/DVD化と掲示板でのコミュニケーション

第四章 なぜファンは引き込まれるのか――身体性、声、臨場感
 番組のリズムやテンポ――編集の重要性/藤村Dの声/声と番組への没入感/画角によ
 る没入感と臨場感/視覚誘導性自己運動感覚(ベクション)/一人称RPG「水曜どうでしょ
 う」/画角と笑い/認知負荷が低い理由/自伝的記憶?

第五章 「番組で癒される」――レジリエンス効果のメカニズム
 番組を見て元気になる/クライシスからの回復1(AIさん@愛知県、四十代女性)/
 クライシスからの回復2(NIさん@大分県、三十代女性)/クライシスからの回復3(MMさん
 @埼玉県、四十代男性)/「悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しい」――感情末梢起源
 説/不安感の解消についての実験/疲れない笑いと集中して見られる媒体/鬱状態でも見
 られる「表現」/番組視聴による学習効果

第六章 番組の思想
 番組内の水平性――四人部屋の思想/番組外の水平性――視聴者と制作者の関係/
 テレビの世界と視聴者の日常世界が水平につながる/日常性/安心感

第七章 ファンコミュニティの現在
 番組のファンの広がり/言語を共有するコミュニティ/ファンコミュニティと「つながる」/
 番組世界に入り込みたい/「人を支える」番組/番組と一緒に自分の人生を振り返る

終 章 コミュニケーションと信頼
 テレビはどこへ行くのか/レジリエンスと笑い/コミュニケーションと信頼/個人としてコミュ
 ニケーションする

引用文献
参加したイベント・話を伺った方と謝辞
付表・付図(年表)
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.