Contents
目次
精選 折口信夫 第X巻 随想ほか・迢空詩編
四六判/上製/356頁
初版年月日:2019/03/22
ISBN:
978-4-7664-2552-9
 
(4-7664-2552-9)
Cコード:C0395
税込価格:3,024円
精選 折口信夫 第X巻 随想ほか・迢空詩編

目次

 凡 例

零時日記(T)
海道の砂 その一
折口といふ名字
わが子・我が母
留守ごと
細雪以前
茶栗柿譜(抄)
増井の清水の感覚
花幾年
自歌自註 海やまのあひだ(抄)「夜」「島山」
自歌自註 春のことぶれ(抄)「気多はふりの家」
山の音を聴きながら
招魂の御儀を拝して
島の青草 沖縄を偲びて
古事記の空 古事記の山
飛鳥を思ふ
春の歌の話
野山の春
鏡花との一夕
寿詞をたてまつる心々
平田国学の伝統
民族教より人類教へ
詩語としての日本語
詩歴一通 私の詩作について
『古代研究』 追ひ書き
  *
民族史観における他界観念(草稿)
  *
迢空詩編

 先生晩年の歳末・年始  岡野弘彦
 解 題  長谷川政春
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.