Contents
目次
法解釈学入門
四六判/並製/144頁
初版年月日:2016/09/30
ISBN:
978-4-7664-2365-5
 
(4-7664-2365-8)
Cコード:C3032
税込価格:2,376円
法解釈学入門

目次

はじめに ―― 訳者による序論 
凡 例 

序 言 

T 基本的な事柄 

U 法律学的思考の歴史学上の諸類型 
  1. ローマの法律家 
  2. スコラ学的法学 
  3. ドイツのパンデクテン法学 
  4. フランスにおける註釈学派 
  5. 英米の法律家の思考について 

V 法典の解釈 
  1. 一般的な解釈学の諸原則
  2. 法律学的解釈の諸原則 

W 法規の適用 
  1. 解釈と適用の関係 
  2. 包摂としての法規適用 
  3. このような見解に対する批判 
  4. 裁判官と法規 

X 裁判官による法の継続形成 
  1. 歴史学的な事柄 
  2. 裁判官の三重の課題 
  3. 欠缺問題と法律学的論理学 
  4. 裁判官による欠缺の解決 
  5. 総 括 

Y 法 学
  1. 思考方法としての体系 
  2. 法律学的体系について 
  3. 法学の方法 
  4. 法学の学問的特色 

おわりに ―― 訳者による小括と展望 
参考文献 
基本用語訳語一覧 
学説彙纂 
人名・事項索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.