Contents
目次
「領土」としてのメディア
新書判/並製/112頁
初版年月日:2016/07/25
ISBN:
978-4-7664-2354-9
 
(4-7664-2354-2)
Cコード:C0336
税込価格:756円
「領土」としてのメディア
ディアスポラの母国メディア利用

目次

 はじめに

第1章 母国メディアの利用動機と影響

第2章 韓国系ディアスポラの韓国メディア利用
 1.聞き取り調査の概要
 2.バンクーバーにおける韓国メディアの状況
 3.韓国メディアの利用状況
 4.母国への関心とディアスポラとしての自己承認
 5.ノスタルジーの慰撫
 6.娯楽と逃避、母国への憧れ
 7.母国の時間と記憶

第3章 日系ディアスポラの日本メディア利用
 1.バンクーバーにおける日本メディアの状況
 2.日本メディアの利用状況
 3.日本のニュースが「気になる」――家族と愛国
 4.「笑いのツボ」の共有とレトリック共同体
 5.訪問のための情報源
 6.ソーシャルになることの難しさ
 7.語学と現地メディアの利用
 8.外国の中の「母国」

第4章 場所、メディア、ディアスポラ
 1.場所とメディアの相互規定
 2.電子メディアと「場所なき」(placeless)世界
 3.場所の二重化、多孔化
 4.仮想的場所への愛着

参考文献
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.