Contents
目次
ディズニーランド化する社会で希望はいかに語りうるか
四六判/上製/304頁
初版年月日:2014/07/30
ISBN:
978-4-7664-2140-8
 
(4-7664-2140-X)
Cコード:C0036
税込価格:2,700円
ディズニーランド化する社会で希望はいかに語りうるか
テクノロジーと身体の遊戯

目次

はじめに

第1章 ディズニーランド化する社会
 1−1 「だって、愉しいから」
     なぜディズニーランドへゆくのか / ビジネス書的ディズニー言説 / 人文社会科学系
     の知におけるディズニーランド
 1−2 シミュラークルの楽園――消費社会論と文化記号論
     シミュラークルの完璧なモデル / 消費社会のディズニーランド / 東京ディズニーラ
     ンド開園以降
 1−3 建築・都市のディズニーランド
     現代建築の「最高傑作」 / ディズニーランドのポストモダン / ショッピングモール

第2章 外部の不在、希望という外部
 2−1 外部の不在とディズニーランド化
     外部の不在、外部の流入 / ディズニーランドと「つながりの社会性」 / ディズニーの
     物語性をめぐって / 「浦安ブランド」とその3・11以後
 2−2 不可能性の時代
     内在しつつ「希望」を語ることの困難 / 不可能性の時代 / 内在的批判可能性への
     四つの要件
 2−3 内在的に希望を語るために
     希望を語るための条件 / 極限的な地点としての「裸」の身体 / 参加と体験のディズ
     ニーランド / 映画としてのディズニーランド / 偶有性、愉しさ、実践 / 内在的批判
     可能性への戦略

第3章 社会変革の実践から日常の実践へ
 3−1 実践とその二つのベクトル
 3−2 実践という思想
     プラチックとプラクシス / テオーリアーとプラークシス――実践の由来 / 近代知批
     判としての実践
 3−3 批判的メディア実践とワークショップ
     社会変革の実践としての批判的メディア実践 / 参加、体験、共同、学び――ワーク
     ショップという活動 / 実践共同体とそのデザイン / サルトル的実践としての批判的
     メディア実践
 3−4 社会変革から日常へ
     社会変革志向の実践が孕むもの / ワークショップの陥穽 / 批判性の喪失 /
     ワークショップと資本主義 / そして日常の実践へ

第4章 テクノロジーと身体の〈アトラクション〉
 4−1 なぜ〈アトラクション〉なのか
 4−2 〈アトラクション〉の日常
     〈アトラクション〉とディズニーランドのアトラクション / テクノロジー化した日常 /
     日常的実践のモデルとしての遊戯機械
 4−3 ハビトゥスから〈アトラクション〉へ
     プラチック的実践におけるテクノロジーの不在 / 身体技法とハビトゥス / ハビトゥス
     と〈アトラクション〉
 4−4 〈テクノロジーの遊戯〉――物質、運動、ゲーム
     目的・機能から実践を解放するもの / 言語ゲームとしての日常的実践 /
     〈テクノロジーの遊戯〉――知覚の攪乱、第二の技術、共同の遊戯
 4−5 遊戯機械、見世物、引力
     「第二の技術」としての遊戯機械 / 回転木馬とコースター――遊戯機械の運動パ
     ターン / 見世物という引力 / フジパン・ロボット館 / 〈テクノロジーの遊戯〉として
     のスラップスティック / 魔術としての引きつける力
 4−6 露出症としてのテクノロジーの本性
     テクノロジーと魔法 / ミッキーとキートン――機械としての映画 / 露出症としてのテ
     クノロジー

第5章 契機としての〈テクノロジーの遊戯〉
 5−1 サイボーグと縫合
     〈テクノロジーの遊戯〉による非人間化 / サイボーグ化をめぐって / 縫合と縫合糸
 5−2 文化を脱ぎ捨てる
     経験と貧困と新たな未開――ベンヤミン / 〈テクノロジーの遊戯〉としての映画経
     験 / アトラクションとしての初期映画 / 文化から解き放たれること
 5−3 モンタージュとしての動詞
     運動をモンタージュする / 動詞と行為 / 家族的類似性 / 「遊歩」する動詞 /
     パノラマ的、ヴォードヴィル的

第6章 ディズニーランド化する社会で希望はいかに語りうるか

 註
 あとがき
 索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2018 Keio University Press Inc. All rights reserved.