Contents
目次
『修身論』の「天」
四六判変型/並製/120頁
初版年月日:2019/03/31
ISBN:
978-4-7664-2599-4
 
(4-7664-2599-5)
Cコード:C0337
税込価格:756円
『修身論』の「天」
阿部泰蔵の翻訳に隠された真相

目次

はじめに

第1章 近世から近代へ――「文明開化」と「学制」の夢
 1.国家の近代化:「智識を世界に求める」
 2.教育の近代化:「必ず邑に不学の戸なく家に不学の人なし」

第2章 アメリカから日本へ――ウェーランドと福澤諭吉の出会い
 1.ウェーランドと『道徳科学要論』:新世紀のための思想
 2.福澤諭吉と『道徳科学要論』:原書の影響、訳書の普及

第3章 英語から日本語へ――阿部泰蔵のジレンマ
 1.阿部泰蔵と『修身論』:キリスト教の消失
 2.阿部泰蔵の訳し方:「読む人にわかるように」

第4章 Godから「天」へ――知らぬ神より馴染みの「天」
 1.「天」の同質的要素
 2.「天」の異質的要素
 3.「天」の限界:排除された要素

第5章 『修身論』の「天」――その意味と機能

おわりに
文献案内
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.