Contents
目次
シャンカラ派の思想と信仰
A5判/上製/368頁
初版年月日:2016/08/20
ISBN:
978-4-7664-2357-0
 
(4-7664-2357-7)
Cコード:C3014
税込価格:8,640円
シャンカラ派の思想と信仰

目次

 はじめに
 
 序 章 シャンカラ派研究の視座
  一 インド宗教研究とシャンカラ派伝統
  二 従来のシャンカラ研究の状況

第一部 シャンカラ派の宗教学的研究とその立場
 第一章 宗教学的パースペクティヴ
  一 方法論的な地平
  二 信仰の意味世界への視座
 第二章 シャンカラ派伝統とその宗教的コスモロジー
  一 シャンカラ派の宗教思想とその特質
  二 「生きたテクスト」としての信仰現象とその理解へ
  三 シャンカラ派におけるバクティ頌とその意義

第二部 シャンカラ派の宗教思想とその脈絡
 第三章 シャンカラ派僧院の歴史と伝承
  一 シャンカラ派僧院に関する伝承資料
  二 シュリンゲーリ僧院とスマールタ派
  三 巡礼地としてのシュリンゲーリ僧院
 第四章 シャンカラ派の宗教思想の特質 ―― 特に「信仰」の概念と意味をめぐって
  一 シュラッダー(信) ―― 聖典と師の言葉への信頼
  二 バクティ(信愛) ―― カルマン(祭祀的行為)とヨーガとの関連において
  三 シャンカラ派における「信仰」の特質
     
第三部 シャンカラ派における在家信仰とその思想
 第五章 シャンカラ派の在家信仰と伝統的慣習
  一 シャンカラ派の在家信仰
  二 ヴェーダの学習と儀礼
 第六章 シャーラダー神信仰とその意味構造
  一 シャーラダー神信仰とその様態
  二 シャーラダー神寺院におけるプージャーの諸相
  三 シャーラダー神信仰の意味構造
 第七章 シャンカラーチャーリヤ信仰とその意味構造
  一 シャンカラーチャーリヤ信仰の基本構造
  二 シャンカラの伝承とその信仰
  三 シャンカラーチャーリヤ信仰の思想構造
     
第四部 シャンカラ派の出家遊行とその思想
 第八章 出家遊行の生きかた ―― その思想と様態
  一 シャンカラの出家遊行論 ―― 解脱論との関連において
  二 伝承にみるシャンカラの出家遊行 ―― シャンカラの伝説的伝記を手がかりとして
  三 シャンカラと出家遊行 ―― シャンカラの伝説的伝記の意味論的考察
  四 伝承にみる具体的な出家遊行とその思想 ―― シャンカラの伝説的伝記をめぐって
 第九章 シャンカラ派における具体的な出家遊行とその思想
  一 出家遊行の現実とそのプロセス
  二 世師後継者の出家遊行
  三 出家遊行者の日常生活
  四 シュリンゲーリ僧院の統治者としての世師

結 論
略号ならびに参考文献

 あとがき
 索 引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.