Contents
目次
折口信夫芸能史講義 戦後篇 下
A5判/上製/426頁
初版年月日:2016/05/30
ISBN:
978-4-7664-2326-6
 
(4-7664-2326-7)
Cコード:C3039
税込価格:7,020円
折口信夫芸能史講義 戦後篇 下
池田彌三郎ノート

目次

凡 例

 昭和二十四年度芸能史
一 曲芸、呪禁師
二 のろんじ、鬼
三 ししまひ
四 こまいぬ
五 賤の民
六 被征服民
七 流 民
八 くぐつ
九 山姥の話
十 志賀の海人
十一 風 流
十二 風 流
十三 風流俄
十四 喜劇精神、大小の対立
十五 をこ発進
十六 喜劇の批判精神
十七 神 奴
十八 大小の対立

 昭和二十七年度芸能伝承論
一 芸能伝承
二 芸能伝承の中核、鎮魂の語義
三 鎮魂術
四 たまむすび、たまふり
五 遊部(あそぶ)、鳥のあそび、魚のあそび、遊女(あそび)
六 うけひ狩り、神の行列、神あそび
七 旅行の祝言職、踏歌、国栖
八 あま、山部
九 遊女記、傀儡子記
十 芸能と巫女、舞踊
十一 葵上、山姥

 昭和二十八年度綜合芸能史論
一 し し
二 田 楽
三 獅子舞
四 かけ踊り、大阪にわか
五 ししごま、花祭りと伊勢神楽と
六 風 流
七 能・歌舞伎の獅子
八 獅子のまとめ

 付録1
 昭和十三年 日本民俗学講座第六期「芸能史」
一 風 流
二 幸若舞
三 歌舞妓

 付録2
 昭和二十八年 民俗学の話 ── 衣食住
一 民俗学
二 住
三 衣
四 食

  解 題   伊藤好英・藤原茂樹・池田 光
  解説 ── 本書刊行の意義   伊藤好英
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.