Contents
目次
クジラの鼻から進化を覗く
四六判/並製/142頁
初版年月日:2016/02/29
ISBN:
978-4-7664-2295-5
 
(4-7664-2295-3)
Cコード:C3345
税込価格:2,200円
クジラの鼻から進化を覗く

目次

第1章 海に生きる羊膜類
 1.1 海から陸へ、そして陸から再び海へ
 1.2 海に棲むウシ ―― 鯨類の進化
 1.3 クジラの視物質
 コラム1 単系統・側系統・多系統

第2章 嗅覚受容体遺伝子
 2.1 化学物質をニオイとして嗅ぎ分ける
 2.2 脊椎動物の陸上環境進出と嗅覚受容体レパートリーの変化
 2.3 鯨類の嗅覚受容体遺伝子

第3章 ホッキョククジラ
 3.1 四肢動物海洋環境適応会議
 3.2 「嗅覚」とは何か
 3.3 ホッキョククジラの嗅覚器官
 3.4 クジラの鼻はいくつある?
 コラム2 コマッコウの左右の鼻道

第4章 塩基置換と進化
 4.1 天は二物を与えず?
 4.2 反響定位と嗅覚
 4.3 同義置換・非同義置換
 コラム3 鯨類の聴覚の進化

第5章 ウミヘビ
 5.1 ウミヘビに魅せられて
 5.2 収斂進化
 5.3 バヌアツ
 5.4 バヌアツアオマダラの嗅覚受容体遺伝子
 コラム4 カヴァ

第6章 ゲノム
 6.1 ヒゲクジラのゲノムを解読する
 6.2 ド=ブラン・グラフ
 6.3 ゲノムアセンブル

第7章 嗅 球
 7.1 クジラの嗅球と変異ネズミ
 7.2 受容体から嗅球へ:1糸球−1受容体ルール
 7.3 クジラの嗅球の背側領域
 7.4 化 石

第8章 クジラ研究と調査捕鯨
 8.1 ミンククジラゲノム
 8.2 先住民捕鯨を守るため
 8.3 英国王立協会紀要
 8.4 南氷洋捕鯨に思う

おわりに
参考文献
索  引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.