Contents
目次
地中海世界の旅人
A5判/上製/328頁
初版年月日:2014/03/31
ISBN:
978-4-7664-2129-3
 
(4-7664-2129-9)
Cコード:C3022
税込価格:3,780円
地中海世界の旅人
移動と記述の中近世史

目次

序  長谷部史彦

中近世イベリア半島における宗教的マイノリティーの移動
  ――ユダヤ人とコンベルソ、マラーノを中心に  関 哲行

17世紀モリスコの旅行記
  ――ハジャリーのイスラーム再確認の旅  佐藤健太郎

イタリア司教の目に映った15世紀のチェコ
  ――エネアのボヘミア・レポートとその背景  藤井 真生

学知の旅、写本の旅 
  ――中世地中海世界における科学知の継受と伝播  岩波 敦子

『ローマの都の驚異』考
  ――「ガイドブック」あるいは政治的文書  神崎 忠昭

近世オスマン帝国の旅と旅人 
  ――エヴリヤ・チェレビーを中心に  藤木 健二

イブン・バットゥータの旅行記におけるナイル・デルタ情報の虚実  長谷部史彦

14世紀〜16世紀前半の聖地巡礼記に見る「聖墳墓の騎士」
  ――儀礼へのフランチェスコ会の関与過程を中心に  櫻井 康人

中世のメッカ巡礼と医療
  ――クスター・イブン・ルーカーの巡礼医学書の記述から  太田 啓子

ナーセル・ホスロウとその『旅行記』
  ――屋上に牛はいたのか  森本 一夫

地中海を旅した二人の改宗者
  ――イラン人カトリック信徒とアルメニア人シーア派ムスリム  守川 知子

インド洋船旅の風
  ――ポルトガル来航期におけるアラブの航海技術研究の一齣  栗山 保之


ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.