Contents
目次
ミュージアム・エデュケーション
四六判/上製/300頁
初版年月日:2012/09/20
ISBN:
978-4-7664-1967-2
 
(4-7664-1967-7)
Cコード:C3070
税込価格:4,180円
ミュージアム・エデュケーション
― 感性と知性を拓く想起空間

目次

 日本語版に寄せて
 訳語解説「Bildung」について

 序論 教育学から見たミュージアムの危機――誤解された目的

第T部 ミュージアムとは何か――その歴史的再構築
 第1章 世界をもう一度――普遍的に再現するというミュージアムの要求はいつ始まり、いつ終わりを迎えたのか
 第2章 コレクションの歴史と陶冶理念の誕生――近代ミュージアムの起源をもとめて
 第3章 芸術とミュージアム――展示演出のジレンマ
 第4章 ミュージアムと学校――いまだ軽視される関係の歴史

第U部 ミュージアムの可能性――その理論的考察
 第1章 モノで物語る――ミュージアムにおけるナラティヴの可能性と限界
 第2章 モノの陶冶価値――あるいはミュージアムの可能性
 第3章 アゴラ――ミュージアムの将来のために
 第4章 「歴史は戯言」――歴史ミュージアムで年代順展示に替わる代案はあるのか?
 
第V部 ひとつの試み――ヴァーチャル教育ミュージアム「デジタル世界図絵」
 第1章 ヴァーチャル教育ミュージアム「デジタル世界図絵」構想
 第2章 「デジタル世界図絵」の展示品選択基準と記述方針

 訳者あとがき

 付録
 索引

ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.