Contents
目次
井筒俊彦とイスラーム
四六判/上製/464頁
初版年月日:2012/10/31
ISBN:
978-4-7664-1969-6
 
(4-7664-1969-3)
Cコード:C3010
税込価格:5,400円
井筒俊彦とイスラーム
― 回想と書評

目次

序――イスラーム学事始めの頃の井筒俊彦  坂本勉

 第1部 回想の井筒俊彦

多元的文化への偏見のない関心――井筒俊彦を引き継ぐために  
 黒田壽郎(インタビュアー:湯川武)
鎌倉、軽井沢、テヘラン  
 岩見隆(インタビュアー:高田康一+尾崎貴久子)
共生の思想を模索する  
 松本耿郎(インタビュアー:野元晋)
井筒俊彦の知を求める旅――モントリオール、エラノス会議、そしてテヘラン  
 ヘルマン・ランドルト(インタビュアー・翻訳:野元晋)
井筒俊彦の本質直観  
 鈴木孝夫(インタビュアー:松原秀一)

 第2部 私の一冊

アラビア語入門』――「井筒言語学」の曙光   
 大河原知樹
イスラーム生誕』――ムハンマド伝をめぐって  
 後藤明
コーランコーランを読む』――コトバの深奥へ   
 大川玲子
意味の構造』――意味論的分析によるクルアーン読解   
 牧野信也
イスラーム文化』――雄弁な啓蒙と呑み込まれた言葉   
 長谷部史彦
イスラーム思想史』――沙漠の思想か共生の思想か   
 塩尻和子
イスラーム哲学の原像』――神秘主義と哲学の融合、そして「東洋」をめぐって   
 野元晋
存在認識の道』――井筒東洋哲学を支えるもの   
 鎌田繁
ルーミー語録』――その意義をめぐって   
 藤井守男
ロシア的人間』――全一的双面性の洞見者   
 谷寿美
超越のことば』――自我滅却の哲学のゆくえ   
 市川裕
神秘哲学意識と本質』――二つの主著   
 若松英輔

あとがき(松原秀一)
編者・執筆者紹介
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.