教科書採用サイト

先生を対象とした
教科書・参考書ご案内のページ

大学で学ぶ議論の技法

A5判/並製/320頁
初版年月日:2004/09/25
ISBN:978-4-7664-1085-3(4-7664-1085-8)
Cコード:C2000
本体:2,000円

見本請求はこちら

大学で学ぶ議論の技法

T.W.クラシアス 著、 C.E.チャネル 著、 杉野 俊子 訳

  • 「論理的な思考を育てるための実践的テキスト」として、アメリカの学校教育におけるロング&ベストセラー、The Aims of Argument, Mayfield Pub. Co., 2000の翻訳本です。翻訳には、小社ロングセラー『レポート・論文の書き方入門』の著者らがあたり、使いやすい日本語版となりました。
  • 話す・書くを通じた論理性を根づかせることを目的に、アーギュメントという英語を「議論」と訳しています。「論理に飛躍がある」、「論理的に欠落がある」とはどういう文章をいうのか、それをどのように修正すればよいのか、などについて、実際に書かれた論文・文章をチェックし、自分で書いていく過程を説明することで理解できる、ユニークな実用書です。
  • 今、社会的な論争を呼んでいるトピックについての様々な立場の文章が掲載され、教材として、自習用として、読むだけでも刺激に富む1冊です。

採用校実績

【大学】
一橋大学、学習院女子大学、関西大学

採用学部・学科名

国際文化交流学部 国際コミュニケーション学科、社会学部 メディア専攻

科目(講座)名

国際コミュニケーション基礎演習、社会研究入門ゼミナール、専門演習

目 次

目次詳細はこちらよりご覧ください。

著者/編集者コメント

書評・読者の声

見本請求はこちら