慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

慶應義塾の風景
三田評論表紙
2016年7月号表紙


space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
  メインページ->立ち読み  
  慶應義塾史跡めぐり    
     
  第86回──三田評論 2014年1月号    
 

新田運動場

 
 
 
     
  大澤 輝嘉(慶應義塾中等部教諭)  
     
 

12
 
 

 かつて、現在の東急池上線に「慶大グラウンド前」という駅があった。この駅名の由来となった新田運動場は、大正十五(一九二六)年から昭和九(一九三四)年の日吉グラウンド開場までの間存在した、慶應義塾所有の総合運動場であった。

 

慶應義塾の運動施設

 

 福澤先生は、学問の追求と共に体育の重要性を早くから重視し、義塾がまだ新銭座にあった頃から、中庭を運動場として、そこにシーソー、ブランコ等の運動施設を整えていた。

 

 

 さらに三田に移ってからは先生が自ら乗馬、居合、米つき、散歩等を行い、絶えず運動を怠らぬばかりか、塾生にもさかんに運動をすすめて、さまざまな運動施設を備えつけた。また専門家を雇っていろいろな運動の指導を依頼していた。そのための施設として、初め三田山上の広場(現在の大学院棟の辺り)が運動場としてあてられていた。

 

 

 しかし、明治二十年代以降、あいついで行われた校舎の増築のため手狭となり、新たな運動場の設置が望まれ綱町グラウンドの開設を見たのである。それでも充分とは言えず、明治二十五年五月設置の体育会では新たな運動施設の入手が検討されていた。

 

 

新田運動場

 大正十二年、当時塾長だった林毅陸の日記を見ると、候補地検分のため、六月十日に板倉卓造体育会理事や体育会幹部を伴って世田谷、玉川方面に出かけ、十一月八日にはまた板倉と寄宿舎舎監堀内輝美との両者と矢口村に、同月十六日にはその両名に加え幹事石田新太郎を加えた四名で調布に出向いた。
翌十三年三月の評議員会で、府下荏原郡矢口村の土地一万三千七百十坪を十四万七百三十円で購入することが承認され、整地の上諸設備を施して総合運動場とすることとなった。所在地は矢口村であったが、目黒蒲田電鉄の武蔵新田駅に近かったので「新田運動場」と呼ばれるようになった。

 


新田野球場スタンドからの光景

 

 

 この土地はもともと農地で多数の地主の所有するところであったが、順次買収を進め、水田区域の埋め立て用土の採取場として追加購入した五百四十一坪を加えて、計一万四千二百五十一坪の敷地を購入した。大正十四年三月から整地を始め、陸上競技用の四百メートルトラックに囲まれた蹴球場が大正十五年六月に完成し、蹴球部と競走部合同の運動場開きが挙行された。

 

 

 続いて、一万五千人収容の古いレールを組み立てた観覧席や鉄骨造防球網を備えた、当時としては完備された野球場が八月に完成した。竣工早々の八月二十八日にはフィリピン野球団を招いての球場開きの試合が行われた。
昭和六年から東京六大学野球戦の全試合が神宮球場で行われるようになるまで、ここで試合が執り行われることもあった。また、野球部のOB会である三田倶楽部の寄付と義塾体育奨励会醵出による野球部寄宿舎も併設された。加えて昭和二年から八年に開かれた全塾運動会はこの新田運動場が会場であった。

 

 

 腰本寿が監督を務め、大正十四年から昭和九年までの間に七回のリーグ優勝を経験した、塾野球部黄金時代はこの球場で培われた。大正十五年の秋リーグで、神宮で行われた初戦に六対四で早稲田が先勝した翌日の十一月七日、慶早第二戦は新田球場で開催され、二対〇で塾野球部が完封勝利している。因みに翌八日に早稲田の戸塚球場で開かれた第三戦は三対二で早稲田の勝利であった。新田球場で開かれた慶早野球戦の公式戦はこの一試合だけであった。

 

 

line

 

これまでの史跡めぐり
本連載は終了しました。
バックナンバーをご紹介しています。

第102回
三田通り周辺


2015年8・9月合併号掲載

第101回
武藤山治


2015年7月号掲載

第100回
金玉均


2015年6月号掲載

第99回
大講堂


2015年4月号掲載

第98回
阿部泰蔵と門野幾之進


2015年3月号掲載

第97回
日吉キャンパスの遺構と施設


2015年2月号掲載

第96回
学食の変遷


2014年12月号掲載

第95回
神津家の人々


2014年11月号掲載

第94回
水上瀧太郎
──文学と実業の二重生活


2014年10月号掲載

第93回
関東大震災とキャンパス
──三田・四谷の被害と復興


2014年8・9月号掲載

第92回
堀口大學


2014年7月号掲載

第91回
陸上・水上運動会の変遷


2014年6月号掲載

第90回
平和来
──卒業二十五年塾員招待事始夫


2014年5月号掲載

第89回
望郷詩人──南紀の佐藤春夫


2014年4月号掲載

第88回
下田グラウンド


2014年3月号掲載

第87回
予防医学校舎と食研
──空襲の痕跡


2014年2月号掲載

第86回
新田運動場


2014年1月号掲載

第85回
越後 ──西脇順三郎と吉田小五郎


2013年12月号掲載

第84回
修善寺 ──幼稚舎疎開学園


2013年11月号掲載

第83回
神宮球場


2013年10月号掲載

第82回
富士見高原
──空気はよし風俗は朴素なり


2013年8・9月号掲載

第81回
みちのくの史跡を訪ねて
──能代・弘前・木造


2013年7月号掲載

第80回
紀州和歌山と義塾の洋学


2013年6月号掲載

第79回
福澤先生と演劇──三つの劇場と三人の歌舞伎役者


2013年5月号掲載

第78回
ヨネとイサム・ノグチ──二重国籍者の親子


2013年4月号掲載

これ以前の連載はこちら

 
 
   
line  
 
 
 
  12  
 
TOPへ戻る
 

 

 
Copyright (C)2004-2010 Keio University Press Inc. All rights reserved.