慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

慶應義塾の風景
三田評論表紙
2016年7月号表紙


space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
  メインページ->立ち読み  
  慶應義塾史跡めぐり    
     
  第45回    
  幻の門
 
 
 
  大澤輝嘉(慶應義塾中等部教諭)  
     
 

12
 
 

 三田キャンパスは現在南校舎が工事中で、多くの塾生、教職員、来校者が三田通りに面した東館の入り口を利用している。東館建設前の、三田通りから東門と図書館旧館(旧図書館)の八角塔を見上げた光景は、多くの塾員にとって、なじみの深いものであった。今回は、この東門、異称「幻の門」にまつわる事項を紹介する。

 

旧島原藩黒門

 明治4(1871)年3月に、義塾は芝新銭座から三田の肥前島原藩松平家の中屋敷に移転した。多くの塾舎が屋敷の家屋を利用したものであった。現在東館の建つ場所には、大名屋敷の木造の黒塗り門があり、これもそのまま慶應義塾の門となった。敷地西側の綱町方面に通じる門を「裏門」あるいは「西門」と称したのに対して、「表門」あるいは「正門」と呼ばれるようになった。
明治33年、2月3日に逝去された福澤先生の葬儀は、2月8日に執り行われた。午後0時40分に三田山上の先生宅を出た棺は、普通部生を先頭に、幼稚舎、商工学校、大学部の約1550名の生徒に先導され、表門から赤羽橋、一の橋を経て、式場の善福寺に向かった。義塾教職員、塾員、交詢社員など、総勢約15000人の4列に並んだ葬列は午後2時に善福寺に到着した。

旧島原藩黒門 (慶應義塾福澤研究センター所蔵)
 
旧島原藩黒門
(慶應義塾福澤研究センター所蔵)

 

表門の改造と路面電車開通

 義塾の発展とともに新校舎が次々と建てられ、明治の末ごろには三田山上も手狭になってきた。表門入ってすぐの高台には、明治45年4月、義塾創立50年を記念した図書館(現図書館旧館)も竣工を見たが、表門は依然として木造の黒門であった。しかし、老朽化が進み、倒壊の恐れも出てきたため、石柱鉄扉の門に改造することとなった。大正2(1913)年1月21日の第8期第39回評議員会で、表門改造費2000円、総工事費3780円余の「義塾表門改造並びに坂路改修に関する件」が決議された。その年の夏期休暇中に、警備員詰所(評議員会での名称は巡査交番所)の改造と、坂の勾配を緩やかにする工事に伴って、洋風の花崗岩の門柱四本に鉄門扉の門に改造された。形式にとらわれない義塾の気風からか、飾り立てることなく、門標さえも掲げられなかった。

 明治36(1903)年路面電車が開業し、三田停留所の前には三田電車営業所が設置され、品川線、金杉線、加えて翌年開通した三田線の起点となり、品川駅前―上野駅前(1系統)、三田―東洋大学前(2系統)、品川駅前―飯田橋(3系統)、三田―千駄木2丁目(37系統)の各系統を担当した。更に明治45年6月には、飯倉1丁目―赤羽橋―札ノ辻間を通る札ノ辻線が開通し、前述の3系統(品川駅前―札ノ辻―飯倉一丁目―神谷町―虎ノ門―四谷見附―飯田橋)の路面電車が三田通りを通るようになり、慶應義塾前の電停が設けられ、昭和44(1969)年の廃止まで、住民や塾生の足として親しまれることになる。

三田営業所跡は、現在都営芝5丁目アパートになっている。

 昭和18年11月、塾生出陣の壮行会が挙行され、大講堂前を出発した出陣学徒は、残留学生に見送られ表門を後にして、福澤先生の墓参に向かった。また、戦時中、陸軍のトラックが門柱を引っ掛けて甚だしく破損した。当時用度課長であった羽磯武平が、小泉信三にそのことを報告したところ、「軍と雖も遠慮することは無用である。然るべく要求し請求すべきである」との指示を受けたそうである。同20年5月の空襲でも被災し、同22年に横須賀三田会の寄附を基に修復された。戦後間もなく、右側の門柱に「慶應義塾」と墨書きされた門標が掲げられたが、何者かによって直ちに持ち去られたという。

 

石柱鉄扉となった表門と図書館旧館 (慶應義塾福澤研究センター所蔵)
 
石柱鉄扉となった表門と図書館旧館
(慶應義塾福澤研究センター所蔵)

 

 

line

 

これまでの史跡めぐり
本連載は終了しました。
バックナンバーをご紹介しています。

第102回
三田通り周辺


2015年8・9月合併号掲載

第101回
武藤山治


2015年7月号掲載

第100回
金玉均


2015年6月号掲載

第99回
大講堂


2015年4月号掲載

第98回
阿部泰蔵と門野幾之進


2015年3月号掲載

第97回
日吉キャンパスの遺構と施設


2015年2月号掲載

第96回
学食の変遷


2014年12月号掲載

第95回
神津家の人々


2014年11月号掲載

第94回
水上瀧太郎
──文学と実業の二重生活


2014年10月号掲載

第93回
関東大震災とキャンパス
──三田・四谷の被害と復興


2014年8・9月号掲載

第92回
堀口大學


2014年7月号掲載

第91回
陸上・水上運動会の変遷


2014年6月号掲載

第90回
平和来
──卒業二十五年塾員招待事始夫


2014年5月号掲載

第89回
望郷詩人──南紀の佐藤春夫


2014年4月号掲載

第88回
下田グラウンド


2014年3月号掲載

第87回
予防医学校舎と食研
──空襲の痕跡


2014年2月号掲載

第86回
新田運動場


2014年1月号掲載

第85回
越後 ──西脇順三郎と吉田小五郎


2013年12月号掲載

第84回
修善寺 ──幼稚舎疎開学園


2013年11月号掲載

第83回
神宮球場


2013年10月号掲載

第82回
富士見高原
──空気はよし風俗は朴素なり


2013年8・9月号掲載

第81回
みちのくの史跡を訪ねて
──能代・弘前・木造


2013年7月号掲載

第80回
紀州和歌山と義塾の洋学


2013年6月号掲載

第79回
福澤先生と演劇──三つの劇場と三人の歌舞伎役者


2013年5月号掲載

第78回
ヨネとイサム・ノグチ──二重国籍者の親子


2013年4月号掲載

これ以前の連載はこちら

 
 
   
line  
 
 
 
  12  
 
TOPへ戻る
 

 

 
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.