慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

慶應義塾の風景
三田評論表紙
2016年7月号表紙


space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
  メインページ->立ち読み  
  慶應義塾史跡めぐり    
     
  第32回    
  スポーツの父 平沼亮三
 
 
 
  加藤三明(慶應義塾幼稚舎長)  
     
 

12
 
 

 昨年の十一月八日、慶應義塾創立一五〇年記念式典が新装なった日吉キャンパス陸上競技場で挙行された。その際、司会を務めた石坂浩二さんの視線の先、バックスタンド側に、かつてはメインスタンド側にあった平沼亮三の胸像が移設されていた。今回は「市民スポーツの父」と称された平沼亮三について著わすことにする。
 平沼家の祖先は、鹿島神宮で神官をしていた家系といわれているが、明暦年間(一六五五〜五八)に保土ヶ谷に移住、酒造業を営んでいた。亮三の祖父五代目九兵衛は、天保十(一八三九)年に現横浜市西区平沼付近十万余坪を埋め立て、新田を開拓した。この頃から製塩業にも手を伸ばした。亮三の父六代目九兵衛は、文久三(一八六三)年に平沼新田に移住、帷子川と石崎川に挟まれた地域の埋め立て事業を完成させた上、県会議員を十二年も務めた。

 

日吉の平沼氏胸像
日吉の平沼氏胸像

 亮三は、明治十二年二月二十五日このような地主としての大家に生まれた。始め近所の学校に通うが、「お大尽の息子が来た」などとからかわれて馴染めず、父同士がいとこであり慶應予科の教授をしていた松本良三が幼稚舎への入学を勧めた。幼稚舎の『入社名簿第二号』に「明治二十二年六月二一日入社 神奈川県久良岐郡戸太村平沼七五番地 平沼亮三」と記されている。始めは、保土ヶ谷駅から通学していたが体力的に厳しく、福澤先生が寄宿生になることを勧めた。しかし、幼稚舎の寄宿舎は既に一杯で、幼稚舎と廊下続きになっていた幼稚舎教員酒井良明先生の宅に寄宿することになった。酒井寄宿舎は、当初、幼稚舎生の寄宿のみであったが、幼稚舎を卒業してからも置いてもらう者が増え、亮三も大学を出るまで厄介になっていた。

 

 幼稚舎の自由闊達な校風に亮三の気性が合い、相撲、柔道、玉ぶつけ、輪回しなど仲間の先頭に立って行い、スポーツ好きが形成されて行った。特に相撲が好きで(これは一生を通じてそうであった)、勝っても負けてもニコニコしていたという。
 普通部に進学、明治三十一年には大学部理財科を卒業している。大学時代は野球部に所属し四番三塁を務めていたが、当時の慶應のレベルは低かったようだ。大人になってからは、柔道、剣道、相撲、野球、テニス、ピンポン、バドミントン、スケート、登山、ボート、水泳、乗馬、陸上、器械体操、バレーボール、ハンドボール、バスケットボールなど二十六種目のスポーツをこなした。
 大正三年には慶應野球部の米国遠征の団長、さらにロサンゼルス・ベルリン両オリンピックの日本選手団長をも務めている。東京六大学野球連盟会長、日本陸上連盟初代会長、日本体操連盟初代会長、日本ハンドボール協会会長、日本バレーボール協会会長、全日本学生水上競技連盟会長などの職に就き、アマチュアスポーツの振興に獅子奮迅の活躍である。なお、大正四年に亮三がアイスホッケーの防具を輸入したのが、日本アイスホッケーの始まりになったということもある。

 

 そのスポーツ好きの彼の家が実に興味深い。関東大震災で四男、四女の二人の愛児を失った平沼町の家を引き払い、現横浜駅の北西に当たる沢渡に引っ越した。敷地は三千坪もあり、二千坪の山林、三百坪の洋館、あとの七百坪は運動施設であった。
 運動施設と言っても並みのものではない。テニスコートはクレイと芝と二面あり、そこは小野球場にもなった。器械体操の施設、相撲場、柔剣道場、バドミントン、デッキテニスがあり、日本間の廊下には鉄棒があって天井が丸くくりぬいてあった。ここを通る者は、懸垂などをやる決まりになっていたというから痛快である。そして客人のために、無数の運動シャツと運動靴とが用意されていた。スポーツ好きでこの邸を度々訪れていた小泉信三先生は、彼の自叙伝ともいうべき『スポーツ生活六十年』の序文で次のように述べている。「主人公は此家に住んで朝夕其体力と熟練とを試みて毎日楽しみ、又陷しばしば々客を其庭に迎へ、運動をすゝめて其の楽みを己の楽みとする。この庭に迎へられて主人のすゝめに逢へば、腕に覚えのある者も、ない者も恐らく上衣を脱ぎ、靴を穿き替へて芝生の上に降り立たない訳には行くまい」。

 

line

 

これまでの史跡めぐり
本連載は終了しました。
バックナンバーをご紹介しています。

第102回
三田通り周辺


2015年8・9月合併号掲載

第101回
武藤山治


2015年7月号掲載

第100回
金玉均


2015年6月号掲載

第99回
大講堂


2015年4月号掲載

第98回
阿部泰蔵と門野幾之進


2015年3月号掲載

第97回
日吉キャンパスの遺構と施設


2015年2月号掲載

第96回
学食の変遷


2014年12月号掲載

第95回
神津家の人々


2014年11月号掲載

第94回
水上瀧太郎
──文学と実業の二重生活


2014年10月号掲載

第93回
関東大震災とキャンパス
──三田・四谷の被害と復興


2014年8・9月号掲載

第92回
堀口大學


2014年7月号掲載

第91回
陸上・水上運動会の変遷


2014年6月号掲載

第90回
平和来
──卒業二十五年塾員招待事始夫


2014年5月号掲載

第89回
望郷詩人──南紀の佐藤春夫


2014年4月号掲載

第88回
下田グラウンド


2014年3月号掲載

第87回
予防医学校舎と食研
──空襲の痕跡


2014年2月号掲載

第86回
新田運動場


2014年1月号掲載

第85回
越後 ──西脇順三郎と吉田小五郎


2013年12月号掲載

第84回
修善寺 ──幼稚舎疎開学園


2013年11月号掲載

第83回
神宮球場


2013年10月号掲載

第82回
富士見高原
──空気はよし風俗は朴素なり


2013年8・9月号掲載

第81回
みちのくの史跡を訪ねて
──能代・弘前・木造


2013年7月号掲載

第80回
紀州和歌山と義塾の洋学


2013年6月号掲載

第79回
福澤先生と演劇──三つの劇場と三人の歌舞伎役者


2013年5月号掲載

第78回
ヨネとイサム・ノグチ──二重国籍者の親子


2013年4月号掲載

これ以前の連載はこちら

 
 
   
line  
 
 
 
  12  
 
TOPへ戻る
 

 

 
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.