Web Only
ウェブでしか読めない


Page 1 : 1-20/Total 28   12
「人文研探検―新京都学派の履歴書(プロフィール)―」第18回「架空編集会議 「人文研探検」のこれまでとこれから」

「人文研探検―新京都学派の履歴書(プロフィール)―」第18回「架空編集会議 「人文研探検」のこれまでとこれから」を公開しました。
編集者H:先生、お邪魔いたします。
著者K:こんにちは。ご足労いただき、ありがとうございました。
H:ところで、どういう風の吹き回しで「架空編集会議」なんですか?
K:うん。こっぱずかしい気がしないでもないのだけど、「座談会」は新京都学派のお家芸ともいうべきスタイルだから、一度くらい自分でやってみるのも必要かな、と思ったんだ。
H:なるほど。最後に座談会を載せてまとめる、という作品が少なくないですよね・・・(続きはコチラ)


本の刊行情報や、特別寄稿などの情報をお届けします。
2015年度全米図書賞受賞の大ベストセラー『世界と僕のあいだに』(タナハシ・コーツ 著、池田 年穂 訳)

訳者 池田年穂氏による特別寄稿「キング・トランプ&プリンス・ジョーンズ」やノーベル文学賞受賞者、トニ・モリソン氏からの推薦文、本書の一部抜粋等を公開!

「キング・トランプ&プリンス・ジョーンズ」・・・ミスター・プレジデント、ニュー・キング・オブ・アメリカ! 就任おめでとう。 ドナルド・トランプ氏。甲乙つけがたい、というよりも丙丁つけがたい大統領選挙を勝ち抜いたあなた、ドイツ移民の孫・スコットランド移民の息子のあなたは「アメリカンドリーム」のまさに体現者だと訳者は思う・・・(続きはコチラ)



本の刊行情報や、特別寄稿などの情報をお届けします。
細江英公の傑作が新たによみがえる―― 立ち読み:『鎌鼬――田代の土方巽』(細江 英公 写真、鎌鼬美術館 編)

『鎌鼬――田代の土方巽』(細江 英公 写真、鎌鼬美術館 編)「鼬の話」土方巽、鎌鼬美術館名誉館長 細江英公氏による序文を公開しました。
「鼬の話」 土方巽・・・鼬というのは真っすぐに鶏のほうに走っていって、首、羽、足そういうものを噛み切ってしまう。そんなところに意味もくそもなにもないわけです。その鼬のすさまじさ、あのすばやさ、そういうところに意味なんか探したって何の役にもたたないわけです・・・(続きはコチラ)



本の刊行情報や、特別寄稿などの情報をお届けします。
著者の渡辺優氏による特別寄稿「スュランとは何者か」

『ジャン=ジョゼフ・スュラン ―― 一七世紀フランス神秘主義の光芒』著者の渡辺優氏による特別寄稿「スュランとは何者か」を公開しました。ぜひご覧ください。
スュランの名は、「知る人ぞ知る」というほどには、知られている。『ルーダンの悪魔』や『尼僧ヨアンナ』などとともに彼の名前を記憶している文学通、映画通もいるだろう。しかし、スュランが、西欧近世最大規模の悪魔憑き事件に巻き込まれ、自らが悪魔に憑かれてしまったエクソシストであったことを知る者も、彼が同時代に興隆した「神秘主義」という新たな叡知の優れた証言者であったことを、どれだけ理解しているだろうか・・・(続きはコチラ)



本の刊行情報や、特別寄稿などの情報をお届けします。
序章―イギリスはどこに向かうのか

『迷走するイギリス―― EU離脱と欧州の危機』(細谷 雄一 著)「序章―イギリスはどこに向かうのか」(抜粋)を公開しました。ぜひご覧ください。
EUとの離別 二〇一六年六月二四日のダウニング・ストリートの首相官邸には、大勢の記者が集まっていた。首相官邸の扉が開いて、この建物の主であるデイヴィッド・キャメロン首相がサマンサ夫人と手をつないで記者たちの前に現れた。用意された演台の前に立つキャメロン首相の顔は、どことなく緊張感が見られるが、同時に清々しい表情も見せていた。キャメロン首相は、次のように語り始めた・・・(続きはコチラ)



本の刊行情報や、特別寄稿などの情報をお届けします。
連載:『フランス・ユダヤの歴史(上・下)』著者の菅野 賢治氏による連載公開中!

第5回「最終回:レオン・ポリアコフの〈間接的〉な思い出に捧げる」を公開しました。ぜひご覧ください。
真の歴史の作り主とは、壮麗な思想や奇抜な着想の提案者ではなく、地味にして息の長い知的労働者たちなのかもしれない・・・(続きはコチラ)



本の刊行情報や、特別寄稿などの情報をお届けします。
連載「カール・クラウスと危機のオーストリア――世紀末・世界大戦・ファシズム」(高橋 義彦 著)公開中!

第4回:「1920−1930年代のクラウス」第一次世界大戦の敗北の結果、ハプスブルク帝国はいくつものネーションステートへと解体した。「民族自決」をスローガンに独立を待ち望んでいた被抑圧民族にとって、それは望ましい結末であっただろうが、ドイツ系民族にとってそれは「望まない」独立だった。独立したオーストリア共和国は、右派も左派も隣国ドイツとの合邦を求めたが、サン=ジェルマン条約で合邦は禁止され、オーストリア国民は独立を「強いられる」ことになった・・・(続きはコチラ)



本の刊行情報や、特別寄稿などの情報をお届けします。
「韓国知識人との対話」シリーズ刊行!
韓国知識人との対話『日韓の未来をつくる』(若宮啓文 著)、『米中の狭間を生きる』(添谷芳秀 著) 特設サイト公開中!

・・・今日、日本に暮らす私たちは、韓国の実情をどこまで正確に理解しているでしょうか。さまざまなメディアを通じて伝えられる韓国の情報は、量だけなら、言うまでもなく増加しています。しかし「その質は?」と問うと、近年、むしろ低下の方向にさえあるのではないでしょうか。書店に並ぶ多くの「嫌韓」「反韓」本などを見るにつけても・・・(続きはコチラ)


本の刊行情報や、特別寄稿などの情報をお届けします。

池田真朗氏による『ボワソナードとその民法』執筆余話、掲載中!
民法典の歴史とその解釈学の原点を探る。
ボワソナード民法典と現行日本民法典の相違点を描き出し、立法者意思、ひいてはフランス民法典の解釈を反映させ、どのような条文解釈が現行民法解釈としてとるべきなのかを明らかにする。本書の執筆余話を掲載しました。本文はこちら


「ボワソナードとその民法」
池田真朗 著


▼この他の特別寄稿や連載記事はこちら



本の刊行情報や、特別寄稿などの情報をお届けします。
『政治理論入門――方法とアプローチ』監訳者あとがき、解題を公開中!
政治理論の方法論をめぐって、分析哲学、実証的社会科学、歴史学、現実政治、
批判理論、イデオロギー論等との関係からその多様性を紹介する一冊。監訳者 松元雅和氏による訳者解題「政治理論における方法とアプローチの多様性」および監訳者 山岡龍一氏の「訳者あとがき」を公開しました。本文はこちら


「政治理論入門――方法とアプローチ」
デイヴィッド レオポルド 編著
マーク スティアーズ 編著
山岡 龍一 監訳
松元 雅和 監訳


▼この他の特別寄稿や連載記事はこちら



本の刊行情報や、特別寄稿などの情報をお届けします。
第11回「読売・吉野作造賞」に「倫理的な戦争――トニー・ブレアの栄光と挫折」(細谷雄一 著)が選ばれました。
著者 細谷雄一氏からの特別寄稿をご覧いただけます。
 本書は、1997年から2007年までの十年の長きにわたってイギリスの首相の地位にあったトニー・ブレアを中心に位置づけて、イギリスが関与したイラク空爆(1998年)、コソボ戦争(1999年)、アフガニスタン戦争(2001年)そしてイラク戦争(2003年)を論じたものです・・・
続きはこちら


「倫理的な戦争――トニー・ブレアの栄光と挫折」
(細谷雄一 著)


▼この他の特別寄稿や連載記事はこちら



本の刊行情報や、特別寄稿などの情報をお届けします。
『新標準講義民法債権各論』の執筆を終えて ―「新標準」とは、そして「人生の必修科目」とは(池田 真朗)
『新標準講義 民法債権総論』、『新標準講義 民法債権各論』の著者、池田 真朗による特別寄稿をご覧いただけます。

  2010年3月、拙著『新標準講義民法債権各論』が慶應義塾大学出版会から出版され、これで昨年上梓した『新標準講義民法債権総論』とのセットで、債権法の標準教科書が完成することになった。ちなみに本の帯は総論が深い赤、各論が深い青で・・・
続きはこちら
アラブ諸国の情報統制― インターネット・コントロールの政治学
著者による特別寄稿 『インターネット時代のアラブ諸国』
【冒頭より】本書のテーマは、「長年にわたり各種メディアに対する情報統制を実施してきたアラブ諸国が、インターネットという新しいメディアをどのように扱おうとしているのか」というものである。
栗原航海(後悔)日誌@Harvard 『ケンブリッジ・ガゼット:Lessons Learned』
第11号掲載しました!
『日本の知識戦略―ハーバードでの経験から』の著者が「若きサムライたち」へ贈るメッセージ!

<第11回  3. 「個人」・「組織」・「社会」  冒頭より>
こうして今月のテーマは「個人」・「組織」・「社会」です。先取りして結論を申し上げます。我々は生まれる時と場所を選択できない。この意味で「運」の果たす役割は大きい。しかしながら我々は、@「個人」として、A学校や会社等の「組織」の一員として、B地元の地域や日本全体等、更には宇宙船地球号の「社会」の一員として、逆境を生き抜き、幸運を呼び寄せる努力はできる。・・・
『変革の時代における理論刑法学』 特別寄稿
井田 良著
【冒頭より】この本は、私がこの10年ほどの間に書いた、刑法理論の基礎的諸問題に関する論文14編(及び解題1編)を収録した論文集である。収められた論文は、4つにグループ分けすることができる。すなわち、最近の刑事立法をテーマとするもの、学説の役割及び学説と実務の関係について論じるもの、違法論と責任論の基本問題に関わるもの、量刑をめぐる最近の諸問題を取り上げるもの、である。・・・
栗原航海(後悔)日誌@Harvard 『ケンブリッジ・ガゼット:Lessons Learned』
第10号掲載しました!
『日本の知識戦略―ハーバードでの経験から』の著者が「若きサムライたち」へ贈るメッセージ!

<第10回  3. 日欧関係 憧れと無関心を超えて  冒頭より>
 こうして今月のテーマは「日欧関係 憧れと無関心を超えて」です。先取りして結論を申し上げますと次の通りです。グローバリゼーションが深化するなか、太平洋戦争後、地政学的には遠かった欧州との関係を見直す時期が来た。すなわち、中国の台頭、ロシアの復活を巡って問題化した国際間の制度調整、環境問題における米欧間の主導権争い等、欧州諸国との協調・協力体制を再編・強化する時期が到来したのである。・・・
栗原航海(後悔)日誌@Harvard 『ケンブリッジ・ガゼット:Lessons Learned』
第9号掲載しました!
『日本の知識戦略―ハーバードでの経験から』の著者が「若きサムライたち」へ贈るメッセージ!

<第9回冒頭より>合計1ヵ月半にもわたる一時帰国及びイスラエル出張を終え、ケンブリッジに到着したのが、1月14日の午後11時でした。驚いたことに真冬のケンブリッジに雪がまったくありません!! こうして、例年になく雪の無い厳寒のケンブリッジから、高い「志」を抱く若人の皆様へのメッセージをお送り致します。・・・
栗原航海(後悔)日誌@Harvard 『ケンブリッジ・ガゼット:Lessons Learned』
第8号掲載しました!
『日本の知識戦略―ハーバードでの経験から』の著者が「若きサムライたち」へ贈るメッセージ!

<第8回冒頭より>新年明けましておめでとうございます。今年も、若人の皆様と共に、「グローバル時代における知的武者修行」に関連した「基礎知識」と「心構え」について考えてみたいと思います。年末、出張先のイスラエルから成田空港に戻り、私は4年ぶりに日本でお正月を過ごしました。「栗原後悔日誌@Harvard」の新年号はこうして日本から発信致します。・・・
栗原航海(後悔)日誌@Harvard 『ケンブリッジ・ガゼット:Lessons Learned』
NEW第6号、第7号掲載しました!
『日本の知識戦略―ハーバードでの経験から』の著者が「若きサムライたち」へ贈るメッセージ!

<第7回冒頭より> 米国では感謝祭の頃からクリスマスのイルミネーションが美しい街並みを一層輝かせます。その輝きは同時に年の終りが近づいたことを私達に告げ、時の経過の速さを悟らせてくれます。こうした初冬のケンブリッジから、「グローバル時代における知的武者修行」を志す皆様に、今年最後のご報告を致します。
栗原航海(後悔)日誌@Harvard 『ケンブリッジ・ガゼット:Lessons Learned』
NEW第5回掲載しました!
『日本の知識戦略―ハーバードでの経験から』の著者が「若きサムライたち」へ贈るメッセージ!

<第5回冒頭より> 9月も中旬になれば、授業と研究活動も一段と本格化します。そうした爽やかさと緊張感が漂うハーバードから「グローバル時代における知的武者修行」を目指す若い方々を対象としたメッセージ第5号をお届けします。
Page 1 : 1-20/Total 28   12

他ジャンル

ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.