Detail
 
会計と会計学のレーゾン・デートル

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/304頁
初版年月日:2018/02/20
ISBN:978-4-7664-2491-1
(4-7664-2491-3)
Cコード:C3034
定価 3,240円(本体 3,000円)

本書と関連する書籍をご紹介します
日本会計史 詳細を見る
会計学の基本問題 詳細を見る
会計学 詳細を見る
会計士の歴史 詳細を見る
会計と会計学のレーゾン・デートル
目次 著者略歴

会計が拘るべきもの、守るべき構造しくみは何か?
会計が果たすべきこと、担うべき機能やくわりは何か?
会計の実践・研究は、企業活動を取り巻く経済社会の変動によって常に変化を迫られ、とくに1990年代のいわゆる「会計ビッグバン」以降、会計基準の国際的調和化(harmonization)、時価評価の導入、株主資本主義の拡大といった数々の激変にさらされてきた。
また、こうした変化は、激しい利害対立と学説上の論争を引き起こし、「何のための/誰のための会計か?」さらには「会計学は何の役に立つのか?」といった本質的問い掛けを呼び起こす。
本書は、こうした学問・実践の両面に対する問い掛けを受け、この30年ほどにわたる会計制度改革と論争の流れを鳥瞰し、その主要論点を取り上げながら、変容する会計制度・会計学の意味と意義、そして今後の行方を論じる。

目次

    
緒  言
謝  辞
引用について


序章 会計と会計学
 会計と会計学/『会計発達史』における会計学/近代会計学の父ルカ・パチョーリ/会計に
 固有のもの,あるいは会計の特徴

  第1部 会計が拘るべきもの――守るべき構造しくみは何か

第1章 複式簿記への固執と未来指向の否定
 [単式簿記→複式簿記]の否定/複式簿記/複式簿記の前の簿記/会計責任/スチュ
 ワードシッ ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

友岡 賛(ともおか すすむ)
慶應義塾大学卒業。
慶應義塾大学助手等を経て慶應義塾大学教授。
博士(慶應義塾大学)。

著書等 (分担執筆書の類いは除く。)
『近代会計制度の成立』有斐閣、1995年
『アカウンティング・エッセンシャルズ』(共著)有斐閣、1996年
『歴史にふれる会計学』有斐閣、1996年
『株式会社とは何か』講談社現代新書、1998年
『会計学の基礎』(編)有斐閣、1998年
『会計破綻』(監訳)税務経理協会、2004年
『会計プロフェッションの発展』有斐閣、2005年
『会計士の歴史』(共訳)慶應義塾大学出版会、2006年
『会計の時代だ』ちくま新書、2006年
『「会計」ってなに?』税務経理協会、2007年
『なぜ「会計」本が売れているのか?』税務経理協会、2007年
『会計学』(編)慶應義塾大学出版会、2007年
『六本木ママの経済学』中経の文庫、2008年
『会計学はこう考える』ちくま新書、2009年
『会計士の誕生』税務経理協会、2010年
『就活生のための企業分析』(編)八千代出版、2012年
『ルカ・パチョーリの『スムマ』から福澤へ』(監修)慶應義塾図書館、2012年
『会計学原理』税務経理協会、2012年
『歴史に学ぶ会計の「なぜ?」』(訳)税務経理協会、2015年
『会計学の基本問題』 慶應義塾大学出版会 、2016年
『会計の歴史』税務経理協会、2016年(改訂版、2018年)

定価3,240円 (本体:3,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.