Detail
 
ウィトゲンシュタインの教育学

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/264頁
初版年月日:2017/07/31
ISBN:978-4-7664-2443-0
(4-7664-2443-3)
Cコード:C3010
定価 4,536円(本体 4,200円)
ウィトゲンシュタインの教育学
後期哲学と「言語の限界」
書評 目次 著者略歴

「語りえぬもの」、その先へ

『論考』で沈黙した哲学者は、「教育」を手がかりに再び語り出す。
新進気鋭の若手が描く、「第三のウィトゲンシュタイン」
▼語りえぬものは、伝ええぬものであるとは限らない――

『論考』によって「語りえぬもの」を設定し、「語る」ことに制約を課したウィトゲンシュタイン。
経ることおよそ10年、止むことなき哲学的思考はついに「言語の限界」の地平をにらみ、自ら建設した巨大な「沈黙」の体系に挑み始める。
ウィトゲンシュタイン後期思想を繙く鍵である「教育学」。
コミュニケーションに内在する宿命的なパラドクスを解きほぐし、「教えること」の意味を根底から問い直す。
私と世界の限界を超えて、他者に触れうる可能性を提示する意欲作。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


書評

出版ニュース 2017年9月下旬号「ブックガイド」(p.29)にてご紹介いただきました。

目次


プロローグ

第1章 ウィトゲンシュタインと教育学
 1 問題の設定
 2 ウィトゲンシュタインと分析的教育哲学
 3 教育学におけるウィトゲンシュタイン研究

第2章 教育の言語ゲーム
 1 言語ゲームの両義性
 2 原初的言語ゲームへの懐疑
 3 教育の言語ゲームの特質

第3章 イニシエーションと訓練
 1 イニシエーションと学習のパラドクス
 2 訓練をめぐる対立
 3 訓練の原初性 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

渡邊福太郎(わたなべ ふくたろう)
1981年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。博士(教育学)。現在、慶應義塾大学文学部助教。専門は教育哲学・教育思想。共著書に『西洋教育思想史』(慶應義塾大学出版会、2016年)、論文に「言語ゲームへのイニシエーションとしての教育」(『教育哲学研究』第104号、2011年)、共訳書にシュネーデルバッハ『ドイツ哲学史 1831-1933』(法政大学出版局、2009年)、ヴィンセント『マス・リテラシーの時代』(新曜社、2011年)など。

定価4,536円 (本体:4,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.